2010年04月06日

米国トヨタ車リコールから学ぶ

アメリカでのトヨタ車リコール問題が、しばらくマスコミを騒がせました。
ニュースなどを見て、皆さんはどのような感想を持たれているでしょうか?


以前、読売新聞のコラムに、トヨタ車リコールの問題に関して、
元F1レーサーの鈴木亜久里さんの意見が掲載されていました。
これに私も、まったく同感です。

以下にその意見をご紹介したあと、なぜプリウスにこの問題が起こったのか、
私たちはどう対処すれば良いのかを考えてみたいと思います。


コラムの大意は、次のようなものでした。

まず指摘されていたのは、ブレーキを踏んでいるのに、
勝手に加速して止まれなくなったという事件です。
これがもし事実なら、自動車メーカーとして重大な問題です。
なぜならブレーキは日本でも重要保安部品とされていて、
規定がもっとも厳しいものだからです。

自動車メーカーが1つの車種を開発するに当たっては、テストドライバー
と呼ばれる、実験担当者がいて、私たちの想像を絶するほど
多くの種類の実験を行います。

これには、開発をすべて終えて、ひとたび工場に生産ラインを設けると、
後戻りが非常に困難だからという理由があります。
工場での大量生産を開始する前に、「アラ」の部分はすべて潰しておこう、
そのためにあらゆる環境で事前に実験を行っておこう、
というのが基本的なメーカーの考えです。
市販開始後にトラブルが発覚するよりは、生産する前の段階で不具合を
すべて出しておいた方が、最終的なコストが低く押さえられる
という事情があるのです。

また、これらの前提としてブレーキの効き方や、制動距離は、
メーカーが設定している車種ごとに違いがあること、
同じ車種でも個体差があったり、部品の消耗具合によって変わる、
ということを私たちが認識しておく必要があります。
これは事実であり、モノとしていわば当たり前のことです。

豪雪地帯の凍結路でもなく、ましてや水中でもない、アメリカの一般道路で、
新車に近いプリウスが、ブレーキ操作が不能になるというのは、
非常に考えにくい事態だと思われます。

以上が、鈴木氏の意見を元に、解釈を加えた要点です。


ちなみに、もう一つ知っておきたい新技術があります。
問題になっているプリウスを始め、多くのトヨタ車やメルセデスなどの
欧州車には、「ブレーキ・バイ・ワイヤ」と言う電子制御のブレーキが
搭載されています。

これは名前の通り、電子制御でブレーキの利き具合をコントロールするものです。
従来の車は、自転車のブレーキと同じように、ペダルを操作した力を
そのまま使ってブレーキパッドを動かしていました(油圧で力を大きくする
装置はついています)。しかし電子制御では、ペダルを踏んだ量を、
電気信号に変換してブレーキ装置へ伝えます。つまり、ブレーキペダルと
ブレーキ装置は、直接はつながっていないということです。
従って、バッテリーなど電気系統が故障したり問題が出ると、
ブレーキが制御できなくなる可能性があります。

私たち一般ドライバーは、詳しい車のメカニズムを知る必要はありませんが、
知っておいた方が良い知識はたくさんあります。
そうした知識が、いざという時に役立つからです。場合によっては、
それが生死を分ける可能性もあります。

今後もShift-UP Clubでは、これらの車にまつわる知識を、会員サイト、
公開サイトを通して皆さんと共有していきます。

怖かった運転時の経験談や、素朴な疑問などがありましら、
Shift-UP Clubへいつでもお寄せ下さい。


なお、プリウスの例のように、もし制御不能になった場合です。
まずは、ギアをニュートラルにしてブレーキを踏むこと、
それでも止まれなければ、パーキングブレーキを使うことです。

ギアをニュートラルにすれば、アクセル操作はタイヤに伝わらなくなります。
また、パーキングブレーキならば、電子制御ではなく、
機械的にブレーキにつながっていますので、電気系統に万一のことがあっても
機能するはずです。多くの車のパーキングブレーキは後輪だけにブレーキを
掛けますので、横滑りしないために、ハンドルは真っ直ぐに向けます。
これで緊急時でも何とか止まることができるでしょう。続きを読む
posted by dekibiz at 11:25| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

吉濱勉×二子渉コラボ 「自分の限界を超えて」

吉濱勉氏のブログを見ると、面食らう人が多いようです。
(吉濱勉の『幸せを導き出すブログ』 http://ameblo.jp/yoshihamat/

その内容は、いろいろな意味でインパクトが強いのは確か。
ブログを見た後の反応は、だいたい2つに分かれます。

その独特の雰囲気に拒否反応を示す人。
逆に、その強烈な持論にどんどん引き込まれてファンになる人。

私もそのようにして、うっかりファンになってしまった一人ですが、
今回は撮影を担当させて頂きました。

 

今回のセミナーはすごいです。
長時間に及ぶ長さもすごいのですが、その内容です。
定評のあるふたこさんのカウンセラーとしてのセミナーに加えて、吉濱氏によるエネルギーを感じさせる体験も同時にできる機会というのは、まずあり得ません。

小学校の教室ほどの広さのセミナールームに集まった、ラッキーな参加者は20名ほど。
遠方から急遽駆けつけた方もいました。
ホワイトボードを前に立つ吉濱氏は、室温やカーテンの閉まり具合などにも気を使って、しっかりと場を作っていたのが印象的でした。

「日本人が英語を苦手とするのは、聞き取り易い周波数が違うから」
とか、
「ノンカーボンという方法なら、現代病や難病も怖くない」
と言った吉濱節がしばしば飛び出します。
その度に周りからは、「えぇー!」という歓声が上がります。
淡々とした語り口からは、皆が初めて聞くような情報が次々と出てきました。

ふたこ氏のカウンセラーならではの絶妙な合いの手と相まって、
どんどんディープな話題が聞けたと思います。

もちろん、ふたこ氏のワークセッションもあり。
今回の「弔辞のワーク」は、自分でも気づいていない自分の根本を見直すことができるもの。
中には、泣き出してしまう方も。
普段気づいていなかったことに、ふと気づくことが出来たようです。

 


本セミナーの特徴

・今引き合い数多の両氏が、時間を合わせるのが難しい中、なんと5時間に渡る長時間セミナーを開催。
・吉濱氏のヒーリングを使った、スペシャルな体験型セミナーです。

収録セミナーの概要

  • セミナー名「自分の限界を超えて」
  • 2009年12月12日、西荻窪の会議室にて
  • 13時30分〜19時にかけてのロングセッション
  • 講師は二子渉氏、吉濱勉氏


収録した主な内容

  • カウンセラー対ヒーラー、お互いの仕事へ一言
  • 「この世の中の根元的な仕組み」を吉濱氏が解説
  • 「この世の中の根元的な仕組み」を吉濱氏が解説
  • 自分を見直す「弔辞のワーク」をグループで体験
  • 参加者を囲んでのエネルギーサークルを体験

商品名: 吉濱勉×二子渉 「自分の限界を超えて」

価格: ¥8,400(税込)
媒体: DVD 3枚組
製作: (有)セルヴェル
支払方法: 代金引換郵便
送料:315円(全国一律)

 当サイトのみでのご提供になります。

注文をご希望の場合、下記情報をお送り頂きますようお願いします。
当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp

●件名
吉濱勉×二子渉 「自分の限界を超えて」申込み


■個人情報の保護について
  • 当サイトで入力頂きました情報は、ご注文の処理および商品発送以外の目的で利用することはありません。
  • 当サイトの定める個人情報保護方針に基づき、厳重に管理致します。

 

続きを読む
posted by dekibiz at 15:56| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

婚礼アルバム+ウェディングフィギュア

2010 3 7-9.jpg

2010 3 7-10.jpg

2010 3 7-11.jpg

 wed2.jpg

婚礼アルバム、つまりブライダル用のアルバムを注文するとオリジナルフィギュアもおまけで付いてくるサービスがあります。

http://servelle.main.jp/doll/

 

価格は、消費税込みで、

4ページ(カット数 6〜15)   通常フィギュア2体付き  56,400円

6ページ(カット数 10〜20)  通常フィギュア2体付き  58,800円

8ページ(カット数 10〜25)  通常フィギュア2体付き  61,200円

12ページ(カット数 15〜35) 通常フィギュア2体付き  70,800円

16ページ(カット数 20〜50) 通常フィギュア2体付き  80,400円

20ページ(カット数 30〜80) 通常フィギュア2体付き  90,000円

30ページ(カット数 50〜95) 通常フィギュア2体付き 108,000円

 

フルオーダーフィギュアの場合は1体で追加料金が7,200円になります。

2体ともフルオーダーにすると、追加料金は、14,400円になります。

 

校正は、2回までは無料です。

3回目以降は1回につき、2,000円かかります。

アルバムのデザインは、2種類から選べます。

 

オプションケースは20センチ正方形で、5,000円程度です。

http://www.hazaiya.co.jp/category/akuriru_case.html

木の円形の土台は、800円程度です。

 

日本初の、ブライダルフィギュア付きの、婚礼アルバムは

アンブレイド社の専売特許かと思いますので、

お気軽にホームページからお問い合わせ下さい。

http://servelle.main.jp/doll/

続きを読む
posted by dekibiz at 10:50| 300)新規事業一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。