2009年12月21日

言いたいことを確実に伝える技術

部下に自分の考えをうまく伝えられない。
上司に自分の悩みをうまく打ち明けられない。
こういう社内でのコミュニケーションに悩んでいるビジネスマンは多いのではないでしょうか?

本書は、ネット時代に特に重要となりそうな「言いたいこと」を伝えるスキルについて書いた本です。メールやプレゼン書類などを作成する際に、いつも気には掛けていても、なかなか「伝わりやすいものかどうか」を検証できていない場合が多いのではないでしょうか?

本書で私が気付いたことは次のような点です。


・一度読めば理解できることでも、分かりやすい「一言キーワード」をつける。名前をつけるのも良い。それを見出しや本文で連発することで、読みやすさが向上する。一言キーワードが、掴みにくい文章の「取っ手」役になって、誰にでも掴めるものになる。これは政治家も多用している。例えば郵政民営化の重要性をあれこれ言うよりも「改革の本丸」と一言キーワードをつけることで分かりやすくしている。他に「○○式」「○○法」「○○主義」「○○状態」「プチ○○」などが一言キーワードのよくある使い方となる。

・整った言葉や言い回しは、心に残りにくい。これはきれいにデザインされてタイプされた文字のDMよりも、特徴ある字での手書きの方が印象に残るのと同じ。ちょっと引っかかりがある、ザラザラ感が残る表現の方が心に残りやすい。こなれて、洗練されたカタチではなく、アナログ感をうまく残すのが良い。

・ニュアンスは、身近なものに置き換えて伝える。例えば、運転マニュアルの分かりやすさ、初心者への有効性を示す場合。「今までニューヨークタイムズ紙を辞書を引きながら分かろうとしていたのに、デーブスペクター氏のダジャレ付き解説で分かってしまったような感じです」

・ただ聞いてくれる人、つまり聞き役の人がいれば、レターをチェックしてもらうべき。聞いてもらい、つっこみをもらう。これが一番効率的なブラッシュアップ方法。ただし、犬や猫に聞いてもらってもリアクションが無いので悪しからず。

・メリットを伝えたいとき、世の中の縮図である書店やコンビニを回ってみて、伝え方を考えると良い。全く違う分野でさまざまな伝え方の工夫が見られる。それを参考にして、どう呼びかけるべきかを客観的に考えて見るのも良い。

他にもWebサイトを作成する立場からも、多くの参考にすべき点が見つかる良書です。(S.N)

続きを読む
posted by dekibiz at 18:23| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

部下を育てる秘策

「オペラント条件付け」という心理学用語を知っていますか。
ビジネスマンとして、これを理解しているかどうかは、出世したり成果を上げたりする分かれ目となるほど、重要なポイントになるはずです。

これは、例えて言えば、
「おいしかったレストランに、もう一度行きたい」
という感覚です。一度「おいしい体験」をしたら、そのお店は「おいしい店」であると頭の中で関連付けられます。

これだけでは、分かりにくいですね。またもう一つの例えで、あなたに一つ質問します。

夕食の支度を終えて、夫の帰りを待っている妻がいます。待ち焦がれた妻が、夫に対して浴びせる一言。


「遅いっ!」

という怒りは、夫に対してどんなオペラント条件付けをするでしょうか?


答えはシンプル。
ズバリ、「怒りキャラ」です。
これでは夫は、今後早く帰ってこようという気が起きないでしょう。

 

本書の一章では、妻からの目線で夫に早く帰ってきてもらう方法が書かれています。つまり、早く帰ってきたくなるようなオペラント条件付けとはどんな行動であるかが分かります。


本書を読んで、私は「太陽と北風」の話を思い出しました。相手にあることをして欲しいときに、押せば押すほど、逆に相手が逃げていってしまう。こういうことは、よくありますよね。

特に営業職では、押せば押すほどお客様は逃げてしまう場面に良く出くわすのではないでしょうか?こんな時に「太陽」のように相手を引くための方法、「オペラント条件付け」を知っておくと、役立つことは請け合いです。本書は、主婦を対象にして掛かれているふしがありますが、ビジネスマンこそ、読んでおくべき一冊です。


なお、ビジネス小冊子について書かれたベストセラー「訪問しないで売れる営業に変わる本」(大和出版)でも、これと同じ心理テクニックを応用した方法が使われていることをご紹介しておきます。

 

人生思い通りにコトを運ぶ法

続きを読む
posted by dekibiz at 21:46| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。