2010年03月16日

運は数学にまかせなさい

大数の法則という言葉をご存じでしょうか?

あるきっかけで私はこの概念を知りました。正確には、ギャンブルが得意な方からそのノウハウをヒアリングする中で、大数の法則を意識するようになってから、うまくいくようになった、という話を聞いたのです。その後、その法則のことが何となく気になり、自分でも何冊か本を読んで調べてみました。(読んだ本は「運は数学に任せなさい」「偶然の確率」などです)

簡単に言えば、大数の法則とは・・

「数」をこなせばこなすほど、「係数(期待値)」に近い結果が得らる

ということです。

例えば入社1ヶ月目の営業マンでも、最初の5件の訪問で3件も成約して、
上司を驚かせることがあるかもしれません。
しかし、100件、1000件と訪問するうちに、期待値である「係数」に
近い結果で出てきます(つまり、あまり成約できないということです)。
(ただし、件数をこなすうちに、係数も上がることがよくあります)

 

●大数の法則を使っている身近な例

  • 天気予報
  • 他の病院でセカンドオピニオンをもらう
  • 分散投資をする
  • 小売店が、なるべく大量に商品を扱う
    など

例えば天気予報では、1・2年のデータのみで明日の天気を当てることは困難でも、何十年もの膨大なデータが蓄積されれば、当たる可能性が高まります。


考えてみれば、すべての事柄はこの大数の法則に従っているということが分かります。大数の法則には、期待値という考え方がありますが、運を呼び込むには、期待値を高い状態にして、試行回数をこなすということに尽きます。たとえばサイコロを6面のうち4面に「1」という数字を書いておけば、1が出る可能性は高まります。このサイコロを何度も振れば、1が出る期待が持てます。

ただし難しいのは、上記の(インチキ)サイコロを一度振っても、次に出るのが1とは限らないところです。何百回も振れば、大数の法則に従って、確率に近く6回に4回のペースで1が出るでしょうが、次の出目が1とは限りません。このように試行回数が少ない中で、希望の結果が出るかどうかは、まさに「運」だと言えるかも知れません。

この部分の運については、仏教や密教がある種の答えを持っていそうです。ご興味のある方、詳しくは調べてみて下さい。


この本には、またポワソンクランピングという考え方が分かりやすく解説されています。ポワソンクランピングとは、散らばりのこと、数学的にいえば偏差のことです。サイコロで1ばかり続けて出て、その次は6ばかり出るという連続もあれば、逆に1から順番にきれいに出る連続もあるでしょう。このランダム性がどのくらい幅を持っているかということです。「降れば土砂降り」という言葉がありますが、確率の偏差が広ければ、まさに日照りがずっと続いたあとに土砂降りが続くという天気もあり得ます。

ビジネスで言えば、ポワソンクランピングのいたずらがあるとはいえ、なるべく偏差が少ない方が助かります。毎日平均的に注文や仕事があれば安定します。でもなかなか思うようには行かない。これがポワソンクランピングの仕業です。

続きを読む
posted by dekibiz at 11:01| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

フラクタルタイム

いま、いわゆる2012年問題にちょっとした興味がある人が多いそうです。映画にもなっている、マヤ歴が2012年12月22日で終わっているという謎です。この日に天変地異が起きるのではないか、というものです。

冷静に考えて、劇的なことは何も起こらないでしょう。あくまでこれは、将来的なエネルギー利権を確保するための、メジャー資本によるプロパガンダでしょう。キリスト教原理主義のアルマゲドンになぞらえているのでしょうが、本書でも冷静に述べられている通り、地殻変動のようなものが起きる確率は低いようです。ただし、ある意味での時代の変わり目になることはあり得るようです。

 

・フラクタル構造。それはざっくり言えば、木の幹や枝や葉っぱ、川の流れや海の波など、ランダムに見える枝分かれ構造を言うそうだ。

・フラクタル幾何学というのがあるそうだ。私たちに馴染みの深い、学校で習う三角形などの幾何学はユーグリッド幾何学だが、それとはまったく性質が違うという。ユーグリッド幾何学は、四角形や三角形、円など、直線的で正確な形をしている図形が多いが、フラクタル幾何学は、自己相似型で幾重にも同じ形が続くという。

・確かに、亀の甲羅や魚のうろこ、木の年輪などの自然物は、ユーグリッド幾何学では都合が悪いように思える。こういう自己相似型のものがフラクタル幾何学の分野だという。


・つまり、いわゆる自然の中にあふれている「ランダム」こそがフラクタルだ。生命の営みの根元であり、かつ謎であるのがフラクタルだということだろう。なぜ人の指紋はすべて違うのか。なぜ木はこれだけたくさんあるのに、なぜ全く同じ形が2つと無いのか。素朴な疑問は、フラクタルに隠されている。


・一見ランダムで、無秩序に見える自然物「フラクタル」にも、実は法則性があるのではないか、というのが著者の主張だ。不規則に起こる様々な出来事も、実はある規則に従って繰り返す循環性を持っている、いわゆる波であるという。


・これらの生物、自然物の循環は、重力変化が影響しているのではないかという。重力変化を起こす宇宙の動きによって循環の波長が決まるとのこと。


・一番分かりやすい循環は、地球の自転による日の出〜日没の「1日」という循環。また月の公転による女性の月経も分かりやすい。地球の公転による365日つまり「1年」というのも誰にもわかる循環だ。


・分かりにくいのは、太陽系全体が公転することによる循環だ。太陽系が所属している銀河の中を、地球を含んだ太陽系全体が公転しているのだとすると、当然1年や1日の循環と同じように、何らかの影響をもたらすかも知れない。この公転の1周は、2050年程度だという。しかもこれを、マヤ時代に認識していたというから驚きだ。


・この長すぎて分かりにくい時間の1周が、来る2010年12月の冬至の日に終わるというのだ。1周が終わると言っても、1日が終わって夜が明けるのと同じで、特になにも起きないだろうというのが著者の立場だ。ただし、新しい周期に入るのは確かだということだ。


・本書のテーマである「フラクタル」に関して、興味深いところがある。慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスの研究によると、「超振動」と呼ばれる電磁波に近い振動があって、いわゆる気功士の気に似ているそうだ。この超振動は、フラクタル構造のもの、たとえば木や水などに記録して蓄えることができるかも知れないということだ。

 

・密教に伝わる曼陀羅は左右対称で、円を描くように描かれている。これは太陽神である大日如来を象徴しているのだろうが、万物の創造主が太陽(光)であるということが元になっていそうだ。これは最近の物理・数学の分野と微妙に繋がっている気がして興味深い。


・リーマン予想と言われる数学の難命題によると、完全なランダムの元となる「素数」の重心をつないでいくと、円を描くようになるのではないか、と言われているそうだ。これも、循環則を連想させる、興味深いつながりがあるように思える。


以上のように、2012年問題に関わらず、たくさんの気づきを得られる本です。もしここで語られている仮設が正しければ、時間軸による未来予測は、最先端の分野であるように思います。

続きを読む
posted by dekibiz at 17:51| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

HSBC口座開設、香港のいまライブレポート

初心者が行く、一番トクするHSBC口座開設法


日本の財政状況の真実を知って、不安を覚えていませんか?
返済不可能な国の借金額を目の当たりにして、冷や汗をかいている人が増えているようです。

あなたも自分の資産を、日本円だけで日本に保有するリスクを感じているかも知れません。


しかし、そうは言っても、金融の知識はあまりないし、
どう動いて良いのか情報が足らない、と思っている方も多いでしょう。


そこで、近場のオフショア香港へ、海外旅行や英語が苦手な人でも一人で行動できるよう指南しているのが本書です。

  hk54.jpg
香港のATMは野外に設置されている場合も多く、まるで自動販売機の感覚です。

  hk58.jpg
ATMから入金(Deposit)する時は、以前はこのような封筒で入金するシステムでした。

    hk60.jpg

このように封筒に入れて入金する形でした。現在は日本式になったようです。香港のシステムは結構コロコロ変わるので、最新情報をつかんでおくことは大切です。


●一番安く、一番ラクに口座開設するには

日本で事前に準備、シミュレーションすれば、一人でも初めてでも十分に大丈夫。なぜなら、香港だからです。近い国ですし、同じアジア圏だからです。口座開設先として香港に人気があるのはそのためです。

それでも海外旅行で「銀行口座を作るのは不安」という方に向けた、超入門編がこのマニュアルです。はっきり言って、一人旅で大丈夫です。もちろん、初めての方でも。

映像と写真で香港の今を感じておけば、シミュレーションは十分です。空気感を知っておけば、一人でも全然怖くありませんよ。


●危険を冒さないにはどうすれば良い?

初めてのことに対しては、誰でも不安がつきまとうもの。特に旅なれない人や、金融に疎い人は、いくら近場の香港とはいえ、いろいろな不安を感じて後込みしてしまう人は多いです。中にはブローカーなどを通して、初めての香港への不安を解消しようとする人もいるようです。しかし、安心して下さい。あなたの不安を解消するのに必要なのは、大金ではなくて、あくまで「予備知識」です。

初めての海外口座開設で不安を感じるのは次のようなことだと思います。

 ・言葉の問題
 ・お金を持ち歩くことへの不安(税関・盗難)
 ・勝手の知らない銀行での不安
 ・勝手の知らない街そのものへの不安

これらの問題をひとつずつ簡潔に解説します。
冊子をプリントアウトして、ガイド役として香港にお持ち下さい。


▼その他の収録内容

・格安ツアーを選ぶための条件
・口座開設はどのくらいかかる〜日程調整の仕方
・必要な書類の事前準備はどうすれば良い?
・両替はどこでする?
・言葉のやりとりはこれで大丈夫
・うっかりミスを防げ〜ATMの意外な注意点
・口座開設後にもっと活用するために
・出発前30日間で最低限の英語をマスターする法
・ガイドブックにはない、ちょっと休める場所

 

▼ちょっとした疑問がある方も、解決できます

  • 紹介者やツテ、有料でサポートしてくれるガイドさんは必要なのか?
  • 現地で買い物する時に、香港ならではの注意点は何かあるのか?
  • 飲食店やカフェで、知られていないお勧めの店は?
  • 一人歩きは道が不安で、迷わないだろうか?

 

●商品紹介

hkimg1.jpg

商品名:「香港HSBC口座開設 超実用マニュアル2010版」
販売価格:4900円
媒体:PDF版
※冊子ファイルに綴じてお届けできます(+1700円)

☆現地の特別ガイドさんを手配する金額と比べて下さい

 

▼特徴

  • オフショア実践会のメンバーが、実際に年に一度香港へ行き、状況を確認した上で書き下ろしています。
  • 現地の最新写真を多数掲載して、イメージがつきやすいよう工夫しています
  • ご購入頂いた方へは1ヶ月間、メールでのサポートを致します。

 

 

 

注文をご希望の場合、下記情報をお送り頂きますようお願いします。
当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp

●件名
冊子申込み

 

【クレジットカード決済でのご注文】
カード決済により注文後、約1分でダウンロードができます!
ご注文方法は、簡単です。

下のリンクをクリックして、注文フォームへお進みください。

香港HSBC口座開設 超実用マニュアル2010版
カードでのお申込みは、今すぐこちら
香港HSBC口座開設 超実用マニュアル2010版

続きを読む
posted by dekibiz at 19:08| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。