2009年03月09日

災害時の水不足対策

自動おしぼり機を、自治体向けに販売することを検討しています。
水害や震災などの災害時には、避難所での水不足が懸念されます。

特に心配されるのは、手拭き・体拭きなどに必要な水です。また、集団生活となる避難所では十分に殺菌しておくことが、衛生面において必要になります。水やアルコールなどが不足してしまうと、十分に衛生的な環境が保てない恐れがあります。

自動おしぼり機は、タンクに入れた水によって適度に湿らせたおしぼりを自動で供給することができます。これによって、少ない水で効率的に多くの方に手洗いの機会を提供できます。またUVによる殺菌効果で衛生面でも貢献します。

TS3E0734.JPG TS3E0839.JPG

自動おしぼり機械 介護施設向けホームページ

続きを読む
posted by dekibiz at 09:41| 350)社会貢献事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ユニセフに寄付

先日、ビジネスセミナーを企画したので、その参加費を日本ユニセフに寄付しました。

日本ユニセフとは7年前に、NPO法人日本リユース協会を設立する際に色々と相談をさせて頂いた

ことがあります。パンフレットを制作する際も、写真協力などして頂きました。

それから定期的に私的な寄付はしていますが、今年からは、NPO法人日本リユース協会で

ビジネスセミナーなどを企画する際は、参加費を寄付するスタイルにしたいと思います。

その為には、セミナー会場などを提供して頂ける企業や個人との協力関係が必要です。

多くの方々との協力関係を築いていきたいと思います。

続きを読む
posted by dekibiz at 20:54| 350)社会貢献事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

NPO法人 日本リユース協会概要

NPO法人日本リユース協会は、2002年4月に誕生しました。

元々は、リユースビジネスを立ち上げたのがきっかけで、DVDやCDや中古本などを、メーカーから仕入れて、販売するという事業からスタートしました。しかし、競争が激化し、なかなか粗利が取れなくなり、中古商材を仕入れて販売するという事業はほとんど行っていません。

NPO法人ですから、非営利事業を行わないとなりませんが、稼げる営利事業を実施することで、非営利事業の仕組みを機能させるということが大事なことです。

NPO事業を考えた時に、寄付する仕組みを作りたいと考えています。特別、意識して寄付するということではなく、仕組みの中で寄付することが出来れば、日本の社会ももっと明るくなるのではないかと考えています。

しっかりとビジネスで稼いで、そして寄付などの社会貢献が出来れば、NPOを作った意味がありますし、社会企業家仲間を多く作りたいとも思います。

今年は、COOTVという携帯動画のサービスを営業サポートしていきます。その中で、売上の一部を寄付する流れにしたいと思います。COOTVのスタッフや外部スタッフの方とは、いつもそんな話ばかりしています。最新のITビジネスで、寄付という仕事が出来れば、COOTVという携帯動画サービスを使えば使うほど、自然に寄付することが出来るということです。

内閣府NPOホームページ  http://www.npo-homepage.go.jp/

日本リユース協会バナー.gif   

 

続きを読む
posted by dekibiz at 11:23| 350)社会貢献事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。