2009年06月01日

ファミリーホーム

いつかファミリーホームの経営に関与したいと思います。実家を改築して、ファミリーホームにすることで、大家族での生活が出来ます。都会ではなかなか難しいかもしれませんが、田舎であれば可能です。児童養護施設もファミリーホームのような流れになっていけばいいと思います。

2009 06 01-12.JPG

孤独な生活が一番きついと思います。集まることで、問題はあるかもしれませんが、皆で協力し合って共同生活することが大事だと思います。人間はひとりでは生きていけませんから。

2009 06 01-13.JPG

気軽に子供や大人や老人が集まる場所が必要です。特に親の都合で孤独な暮らしをしている子供は、多くの人に囲まれて育てていくのがいいのではないかと思います。

2009 06 01-14.JPG

posted by dekibiz at 20:55| 305)ビジネスプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

書店活性化プロジェクト

書店はもっとネットワーク化すれば面白いくなると思います。書店の粗利は25%程度といわれています。在庫負担をして、物件(売場)も借りて、人件費もかけて、粗利が25%。これでは儲かりません。

私が考える書店のネットワーク化とは、メーカーの販売代理店に徹すればいいのではないかということです。店頭を使ってサンプル陳列だけの無在庫販売や、ホームページに誘導しての通販や、周辺顧客・企業向けの外商などが出来れば、まだまだ書店のパワーには可能性があります。

本や雑誌だけを並べていても、いつかは売上が減っていくでしょうし、現に今も厳しい書店経営が続いているはずです。一部の書店はまだ生き残れるでしょうが、いずれにしても粗利が25%程度では普通は経営的に継続は不可能です。

粗利が40%〜50%程度の商品を扱って、貴重な空間を本だけで占有するのではなく、柔軟な発想でユニークな商品を展開し、メーカーとタイアップして、売場で商品アピールをしながら、無在庫で外商活動をすることで、商売として成り立っていくことと思います。もちろんそれなりの時間はかかりますが、競争の激しい本や雑誌だけに依存している体質は非常に危険なことです。

つまり書店はショールーム的な役割も果たすことで、地域密着で、書店の社会的な信用力を生かして、粗利を稼いでいくビジネスモデルに変化していくということです。

このページでは書店ネットワークを使ったニッチなビジネスを提案していきます。 

 

書店活性化プロジェクトのビジネス提案1(自動おしぼり機外商活動)・・・これは、書店の外商部門に動いて頂いて、メーカーの自動おしぼり機を取引先や周辺の施設に営業していただくというビジネスです。おしぼり機は受注発注で納品しますから、基本的には機械の在庫負担はありません。必要な場合は、機械の有償サンプルをご提供(販売扱い)することが出来ます。

 

続きを読む
posted by dekibiz at 20:10| 305)ビジネスプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

独居老人

福祉施設の安全対策はもちろんですが、独居老人の安全対策はどうなっているのでしょうか?

2009 05 17-6.JPG

お年寄りの貴重な体験は、後世に残しておきたいものです。

2009 05 17-7.JPG

高齢者もまだまだ労働力になると思います。

2009 05 17-8.JPG

独居老人を支援することが、雇用促進につながるのではないでしょうか? 

2009 05 18-16.JPG

CCCがテレビ通販事業に進出します。

posted by dekibiz at 20:25| 305)ビジネスプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。