2010年03月17日

ホンダCR-Zは、ハイブリッドMT(マニュアル)車

MT車(マニュアル車)派にとって、嬉しい情報が飛び込んできました。

近年、スポーツドライビングや、運転の楽しみといった車の性質は、
いつの間にか端に追いやられていました。
エコ一辺倒となった最近の自動車にあって、日本の3大メーカーの1つ
であるホンダが、ハイブリッドカーにMT車を採用したのです。


以下、記事の引用です。

ホンダが「CR─Z」8000台受注、計画の8倍

[東京 16日 ロイター] ホンダ<7267.T>は16日、同社が2月26日に発売したスポーツカータイプの新型ハイブリッド車「CR─Z」の受注台数が、3月14日時点で8000台に達したことを明らかにした。月販目標台数は1000台であったため発売から1カ月経たずに約8倍の受注を達成した格好だ。
 ホンダにとってCR─Zは「インサイト」、「シビックハイブリッド」に次ぐハイブリッド車第3弾。2ドア4シートで、ガソリン1リットルで走れる距離が25キロメートルとの燃費性能が特徴。マニュアルタイプとオートマチックタイプを揃えており、受注の4割がマニュアル車だという。
 インサイトの2月国内販売実績は3500台で、トヨタ自動車<7203.T>のハイブリッド車「プリウス」の2万7000台に大きく水をあけられているが、ホンダはCR─Zの投入によりマニュアル・ハイブリッド車というジャンル(訂正)を開拓したい考え。

引用は以上です。


TS3E2225.JPGさて、自動車産業というのは、日本の基幹産業です。トヨタ・日産・ホンダなど大手メーカーは、傘下に何百もの関連企業を抱え、一大企業群を形成しています。また、自動車は輸出入も非常に盛んで、取引高は小国の国家予算にも匹敵します。

これほどに日本の重要な産業である自動車ですが、私はひとつ不安を感じています。自動車雑誌では、良く「ファン・トゥ・ドライブ」という言葉が出てきますが、こうした走る喜びは、昔の自動車では当たり前でした。現代の車に比べると、壊れやすくて手が掛かり、誠に不快なものでした。しかし反面、全身を使って動かし、頭も神経も使って運転していたのが昔の車です。走る喜びは、まさに純粋なものです。

最近の日本の自動車は、走るという機能よりも、ファッション・快適さ・ラクさを追求しているようです。老若男女、誰でも出発地から目的地まで、快適に運転できるというのは確かに必要な機能でしょう。故障等のトラブルも滅多にありません。ATやCVTをはじめ、パーキングアシスト、レーンキープ機能など、電子デバイスで制御された車は、確かに安全になりました。

しかし自動車産業は、楽しさや趣味性といった要素を忘れてはならないと思うのです。
楽しさを失ってしまえば、車は白物家電のようになってしまいかねません。そこには、思い入れをする余地は殆どありません。

確かに同じ家電でも、携帯電話は思い入れを抱く人がいます。これは、ストラップをつけたり、デコレーションしたり、趣味として楽しむ余地が残されているからだと思います。思い入れを持てないものに対しては、誰も大金を使おうとは思いません。「出来るだけ安く」と思うのが自然でしょう。

最近の傾向で、快適さ・ラクさを追求するあまり、大事な「運転の喜び」を無くしてしまうのではないか、という点に私は不安を感じるのです。「車が好き」「車が趣味」という人間を無視していては自動車産業の将来は明るくありません。欧州では、大衆車を作りつつも、彼ら「車好き」にもしっかりと向き合ってきたからこそ百年以上も自動車を産業として成立させ続けているのです。

最も、車に純粋に接することができる「手動ギア」「手動クラッチ」を残すことが、日本の自動車に趣味性を残す道の一つだと思うのです。

このようなホンダの動きに拍手を送りたいと思います。

※写真はイメージです。記事とは関係ありません。

続きを読む
posted by dekibiz at 11:06| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

香港空港にもHSBCのATMがある

前年度から持っているHSBC口座への追加入金も含めて、世界金融危機後の様子を見に香港へ行ってきました。HISの格安ツアーにて、平日の一人旅。とはいえツアー参加なので、手配はすべてお任せのらくらく旅行です。

 

●1月22日(4日目)

今日は朝が早い。なんと5時起き。5時半には集合して、日本までトンボ帰りだ。

思いのほか満足だったホテルのベッドに、備え付けのメモ帳で折った鶴の折り紙とともにチップを置いて部屋を出た。海外通の能勢さんのアイデアだが、彼は本格的に和紙の折り紙をいくつか持っていき、何かあるごとにその場で鶴などを折って、プレゼントするとのこと。海外ではほぼ例外なく驚かれ、感動してもらえるそうだ。

ホテルパンダホテルは香港市街地から比べて空港まで近いため、1時間は掛からずに空港まで到着する。とうことで、6時代には空港に到着。お土産などを買う予定でいたが、さすがに6時代から開いている店はほとんどなく、一部の飲食店が開いているだけだった。それは出発手続きを終えた後でも同じ。

ただし、そこの出発ロビー近くで、なんとHSBCのATMを発見。手持ちの香港ドルの残金が300HK$ほど残っていたので、入金してみようと試みる。1台しかなかったが、ATM自体は町中にあるのと同じ。慣れてきた手つきで操作するが、WITHDRAWやBALANCEのみで、入金(DEPOSIT)の文字がない。残念ながらここのATMでは入金ができないようだ。

そうこうしているうちに、あっと言う間に出発の時間。飛行機は乱気流を受けながらも成田に定刻の到着。たった4日間の香港旅行はあっと言う間に終わった。

 

その他に気付いたことなど...


・荷物が少ないとラク。
荷物受取で待たないのはもちろん、税関でもほとんどノーチェック。小さい荷物で手軽に行けるのは、近場の香港ならではのメリット。

・1月でも香港は暑い
冬とはいえ、香港は20度を超える日もざら。しかも南国リゾート地とは違い、香港は街中だし歩くことも多いので、蒸し暑さの対策は必要だった。

posted by dekibiz at 23:16| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HSBC香港のペニンシュラ支店

前年度から持っているHSBC口座への追加入金も含めて、世界金融危機後の様子を見に香港へ行ってきました。HISの格安ツアーにて、平日の一人旅。とはいえツアー参加なので、手配はすべてお任せのらくらく旅行です。

 

●1月21日(3日目)

丸一日自由行動の日。前日に買ったパンをホテルの部屋の中で食べて、早速チムサチョイ方面に出かける。地下鉄の駅まで歩くうちに、長袖のTシャツだけなのに、うっすら汗ばんでくる。1月でも15度から20度くらいあるそうで、湿度もかなりありそうだ。地下鉄では、iphoneを持っている現地の人をよく見た。音楽を聴きながら、電話に出るときはハンドセット部分のマイクで話をするのが多いみたいだ。

昨日道を下見した通りに、すぐにHSBCペニンシュラ支店へ向かう。この支店はある程度マイナーなようで、並んでいる人も少なく、すぐに窓口へ案内された。残りの日本円を、そのまま円の普通預金へ。こちらでは紙幣を数えるのに、機械だけではなく人間の手で二重・三十にカウントする。しばらく数えるのを待って、入金の処理が終わり、明細を受け取る。

 

これで、今回の主な目的は一応、完了だ。思いの外早く終わり、この後の予定を考える。近くに歴史博物館があり、見に行こうかと歩いたが、修学旅行生のような、制服を着たたくさんの子供が行列をなしていたのでやめた。地下鉄でセントラルまで向かい、街を散策することにした。ifcモールまで歩き、香港の海が一望できる中庭まで行き、しばらく景色を眺める。2Fにあるスタバで読書をしながら、この文章を書いている。

この後、買い物のためチムサチョイまで地下鉄で移動。40HK$のワンデイパスを買っていたため、何度でも降りることができる。ちなみにパンダホテルからチムサチョイまでの片道が確か25HK$前後だったので、往復を考えればワンデイパスの方がお得だ。ペニンシュラホテルの地下で定番のチョコレートのお土産をいくつか。

 

その後、時間があるのでチムサチョイの目抜き通り、ネイザンロードを北に向かってずっと歩く。相変わらず人は多いので、世界不況の風は全く感じられない。以前に比べると、フィリピン系の人が少なくなった代わりに、インド系、パキスタン系の人が多くなった印象。携帯や電子小物系の闇市のような店では、白人・中国系の方が少ないくらい、中東〜南アジア系の人たちが多かった。歩いていると建物の2階に書店があるのを見つけて、ふと入ってみた。こちらでは初めて書店に入ったが、いろいろと気づく部分があった。書店はだいたい建物の2階以上にあるようで、いままで気づかなかったのはそのためらしい。

その書店は小規模で品ぞろえも十分とは言えない感じだったが、中国語で書かれた本の他に、一部洋書があった。雑誌も洋書が多く、国内雑誌は少ししか置いていなかった。一般書で目立っていたのは、自己啓発に関する本、とりわけ心理学に関する本が多かったのが印象的だ。商売のための心理学から、男女関係についての心理学、上司と部下の心理学など、多様だった。自己啓発書については、意外にも日本のビジネス書を訳したものが目に付いた。コールドリーディングなどに関するの著書を持つ石井裕之氏の本や、大人としてのマナー・接偶などについての本などがあったので、立ち読みした。その他にも海外旅行に関するコーナーでは、中国本土やバンコクについで、日本が旅行先としてメインを占めていた。「日本」という括りだけでなく、「東京」とか「北海道」「仙台」などという本もあった。「愛ラブ箱根」などという本もあった。他には、中国らしく、漢方や食などの健康に関するコーナー、仏閣や気功など精神に関するコーナーが目立った。

TS3E2286.JPG小さな書店ながら、1時間30分くらいは店内を見て回ったと思う。改めて気づいたことだが、海外に出向いた場合は、書店を巡るのはとても良いことだと思った。街を歩いたり、観光名所を見るのは確かに楽しいし刺激になるが、その場その場のミクロ的な見方しかできない。しかし書店をざっと見てみると、そこで何が流行っていて、何に関心があるのか、どんな文化をもつ国民性なのかなどが、全体像としてマクロ的に見ることができるのだ。

 

その後はぶらり途中下車の旅よろしく、モンコックやヤオマオテイなどによりながら、ゆっくりとホテルまで戻った。帰りに例のパン屋に寄り、夕食と朝食を調達。香港にいるにも関わらず、昨日の昼食での中華以外はすべてパン食だ。

posted by dekibiz at 22:55| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。