2009年10月29日

有機農産物

地方は、蘇るはずです。
今苦しんでいる地方も、方針ひとつで変わります。

日本には、自然という大きな資源があります。特に土や水や空気、木や生き物は、地方に行くほど豊かです。これをないがしろにするのではなく、最大限に活用していくのです。

 

DSCF6536.jpg地方ならではの豊かな自然を活かした有機農は、小さくても幸せを感じられる「村(むら)」を形づくります。自給自足を土台とした有機農から、すべてははじまります。自然食を提供するレストランや、パン工房も出来るでしょう。程なくログハウスが作れる方や、廃材で家を作れる方も集まるでしょう。工芸や染物などの伝統的なものづくりを始める方も集まります。こうして集まった人たちが持っている専門分野に共通するのは、自然への負荷が非常に小さいことです。自給を土台とした伝統技術は自然を壊さず、むしろ共生するため、永続性があります。また、健康への悪影響も少ないものばかりです。

 

こうした小さな村には、貧困はありません。確かにお金はあまり無くても、安心で贅沢な自然食と、自然に溶け込んだ家、そして何より密な人間同士のつながりがあります。過度に贅沢を求めなければ、健康体でずっと過ごすことも可能なのです。体を動かしながら自然食を食べる。おいしい水を飲み、きれいな空気を吸う。こうした生活こそ体に良いのではないでしょうか。

 

近年、日本の地酒やお茶、さらには日本の伝統工芸文化を求める外国人が増えているそうです。九州の茶畑に通いつめ、ヨーロッパに日本茶を広めて成功している例もあります。こうした日本の伝統は、世界各国で注目されつつあります。これは地方にとって注目すべき動きです。なぜなら、いずれの文化も地方に出向かないと出会えないものだからです。東京のアンテナショップではなく、現地に行かないと体験できないのです。つまり、地方の土着文化を進化させれば、遠くから人の流れを集めることも不可能ではないということです。

 

こうして、有機農を中心とした「村づくり」で、地方は蘇るのです。有機農 就農ネットは、そのための情報サポートを目指します。これからは、地方の時代です。さあ、一緒に村づくりを始めませんか?

ban_l.gif

有機農 就農ネット

続きを読む
posted by dekibiz at 22:15| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

英単語記憶

英語の上達には、まず単語力が必要だと思いますか?

私の意見は「YES」です。単語力は即、会話力につながりますし、聞き取り力にもつながります。「単語帳」を作るというのは大変良いアイデアです。ただしそのアイデアを活かすには、注意したい点がいくつかあります。あなたにも思い当たるフシがないか、一緒にお考え下さい。

 

 

私は、「日本人が英語学習に"単語帳"なるものを作る」と知り素晴らしいと思いました。

やはり日本人は、マメです。
確かに単語さえ知っていれば、確実に意思表示はできる。あとは経験に応じて、言い回しを覚えていけば良いだけです。

ですが良く見ると、この単語帳、残念なことが2つあります。

まず、単語のセレクト。
多くの人が、単語帳に書き記している言葉だけでは足りないのではないでしょうか?絶対数が不足していると思います。それに本当に必要な、良く使う単語が無いのに

「いつ使うのか?」

という言葉を収録している人も見かけます。私なら、他の言葉を選んで綴じておきます。

 

もう1点は、同じ単語帳をいつまで持っているのか、ということです。
既に覚えた単語は、頭に入っている。こういう単語のページはさっさと捨てて、まだ覚えていないものだけ重点的に見る必要があるはずです。


小さな紙に単語を手書きし、答えまで裏に書いて手作業で綴じる。いかにも、もの作りや細かい作業が得意な日本人らしいと思う。ですが、作る作業にいたづらに時間を掛けたり、作ったものをモッタイナイと思って捨てられないというのでは、本末転倒になってしまいます。あくまで、英単語を脳にインプットすることが目的であるはずです。

 

そこで、「単語帳」にヒントを得て開発したワードエンジンでは、次のように、強力に記憶するためのプログラムをシステム化しています。


1.必要な単語をコンピューターがセレクトする(レベル別)

2.うろ覚えの単語だけ、何度もリピートする

3.記憶の忘却曲線を逆手に取った記憶定着法を使う


何はともあれ、試してみて欲しいと思います。

所要時間は、約10分間。
この10分間をきっかけに、ビジネスで英語を使い始めた日本人は既に多くいます。あなたがそのようになるかどうかは、試してみれば判明するはずです。

ワードエンジン マイ英単語トレーナー

画期的な英単語学習システム

続きを読む
posted by dekibiz at 23:14| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

マルチカップスリーブ

ホットコーヒーを紙カップに入れても、熱くないのがカップスリーブ。
でも、スリーブを付けても持てない程の淹れたてアツアツカップを持ったことありませんか?
とくにお子様や年配の方には、結構つらいもので、こぼしてしまうケースもあるようです。

 

そんな、「熱さが苦手派」の人に朗報なのが、写真のカップスリーブです。

株式会社エクラビア(東京都渋谷区)が発売するマルチカップスリーブには、大変ユニークな機能がついています。

 

熱くなったカップを持つときに、スリープの上部が開いて、手から滑り落ちないように工夫されています。特許を取得している「日本初のスリープ」です。

sleeve_pic0.jpg 

マルチカップスリーブですから、写真のようにカップラーメンにも取り付けて、いつでもどこでも熱いままに食べることができます。

 sleeve_pic1.jpg


■本カップホールダー(スリープ)に関する特許情報
・名称: カップスリーブ (紙カップホールダー)
・特許取得番号: No. 10-0905739
・Int. Cl. A47G 23/02 (2006.01) A47G 19/22 (2006.01)
・特許取得日 : 2009年6月25日


この商品の取扱い、お問合せは下記のフォーム
もしくは、下記の専用サイトよりお願いします。

 

紙カップホルダー

続きを読む
posted by dekibiz at 09:52| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。