2010年01月17日

ダイエット

あなたは、ダイエットに関心がおありでしょうか?

鏡に写った自分の腹回りを見るたびに「やせたいな」と感じませんか?


このページを読む、たったの3分間で、
あなたの平均体重は大きく変わるかも知れません。

 

このことが誇張でも何でもないということが、

勘の良い方であれば、半分も読まないうちに分かるはずです。

 

はじめに大事な点を確認しておきたいと思います。
あなたが、このページを読むべきかどうかに関ります。

  • あなたが一番最近、試したダイエットは何でしょうか?
  • どんな食事内容で、どんな運動だったでしょうか?
  • また、そのダイエット中は、どんな気分だったでしょうか?

少し具体的に思い出して頂きたいと思います。


思い返してみて、もしも、まだダイエット経験が少ない方であれば、
いきなりこの冊子を読んでラクをしない方が良いかも知れません。


さんざんダイエット情報に振り回されて、失敗を重ねた人にほど、
絶大な効果を発揮するのがこの冊子だからです。

どんな内容の冊子であるのか、はじめに端的にご紹介します。

 

普通、ダイエットに成功した人は

「やった!痩せた!!」

 

と声を上げると思います。
もし次のようにつぶやく人がいたら、どう思われるでしょうか?

「あれ、いつの間にか痩せたかな?」

 

実は、これから紹介する方法で成功した人の感想は、ほとんどがこれなのです。
冷静すぎて、リアクションとしては地味ですね。。

でも、これが本質です
この反応が出なければ、どのダイエットでも長期で見れば失敗なのです。

ここでは、多くの方にとって、目からウロコが出るであろう情報をじっくりお伝えします。
理屈っぽいとか、前置きが長いとか、お叱りを受ける私の文章ですが、
何か気づきにつながる箇所がきっとあると思いますので、どうぞおつきあい下さい。

 

  ★ ☆ ★


さて「ダイエット」はありふれたテーマです。
そして、筆者である私は専門家ではない、まったくの一般人です。
でも、敢えて自分の経験則を纏めて、皆様に公開することにしました。

なぜ、素人の私がそんな無駄に近い情報公開を決めたのか。

 

それは、どのダイエットグッズやダイエット情報も、
最も重要なある事実を、見過ごしているように思えてならないからです。

 

チラシを見ると、よく目にしませんか?

 


「2週間で、5kg痩せた!!」

「1ヶ月で、ウエストが7cmも細くなりました!!」



このように喧伝するところまでは、まだ良いと思います。
でも、ひとつ問いたいことがあります。

 

その後は、どうなったのでしょうか?

 

1年後も、3年後も、10年後も、
ずっとその体型をキープしているのでしょうか?

広告の中でこれらが、明らかにされることはほとんどありません。

 


私の経験から言って、
痩せること自体よりも、理想の体系を
ずっとキープし続けることの方が、よっぽど難しい。

 

なぜなら、食生活から普段の生活環境まで、すべてを変えないといけないからです。
実は1週間や2週間、一時的に食生活を変えることは、
それほど難しくないのです。その期間に痩せることもあるでしょう。

でも、続きません。

朝食抜きダイエットも、朝バナナダイエットも、りんごダイエットも。
ステップ運動も、乗馬マシーンも、エクササイズDVDも。
みんな、続きません。

ダイエットが失敗する一番の原因は、「続けられない」ことです。
世に出回っているダイエット法は、ほとんど続けられないものが多い。

なぜでしょうか?

それは、短期で目に見える効果が出ないと、商品がヒットしないからです。
ダイエット器具にしても、食品にしても、ダイエット本にしても同じです。
その証拠に、ダイエットに成功したというモデルのその後の生活を追跡したものを、あまり見ません。

 

ダイエット成功を夢見る私達からすると、10年後も20年後も、ずっと理想体型でありたいものです。

でも、いわゆるダイエット商品を売る企業からすると、
10年後や20年後のことはあまり関係ないのかもしれません。
短期でも、一時的に5kgとか10kg痩せてさえくれれば、商品はブレイクします。
もし結果的に数ヶ月後には元通りの体型に戻ってしまっても、次なる新しいダイエット法に注目してもらえれば、企業としては万々歳です。売上も安定するでしょう。

 

ここで明言しておきますが、


私は、そうした短期情報には全く興味がありません。


ここで少々筆者の紹介をさせて頂きますが、先述のとおり全くの素人です。
栄養学や医学的知識もなければ、食品開発などの技術もありません。
エクササイズの専門科でもありませんし、ヨガも知りません。

でも、


「あなたに健康的なダイエットを方法を教えられる」

 

という、絶対の自信が私にはあります。

ここは大切ですので、文字を大にして申しますが、

 

ダイエットに専門知識は、いりません。
商品を購入する財力も、不要です。


なぜなら、普通の人が普通に痩せられるのが当たり前だからです。
だってお金を持っていて、専門知識がある人だけが理想体型を維持している訳ではないでしょう。

実際、私のような素人でもダイエットに成功し、この方法で12年近く理想体型を維持し続けているのです。

私はダイエット前、成長期を除くと、体重が毎年60〜66kg程度の範囲をうろうろしていました。ちなみに身長は17歳頃から163cmで止まっています。巨漢というほどではありませんが、明らかなぽっちゃり体型、いわゆる普通のデブです。そして19歳から徐々に始めたダイエットに成功した後は、50〜55kgの範囲で安定しています。

つまり、ダイエットを始める前と、ダイエットに成功した後とで、年平均で10kg近い差が出ています。


この「年平均」という考え方が非常に大切です

私の場合は、この方法に気づくまでに苦労をしてしまいました。
このページは私の知人も見ているので恥ずかしいのですが、実はこの方法を模索している間、自律神経失調になったこともありました。具体的には、三大欲求と言われる「食欲・性欲・睡眠欲」が不順になり、パンや甘いものを異常に食べてしまう「過食症」や、明け方に訳もなく家を飛び出して走り回るような、奇行にも似た症状も経験しました。空腹に耐えたり、外食にも気を使うダイエットをした挙げ句、リバウンドした時のショックは大変なものです。精神的な不安定はどんどんさらなる不安定を呼びます。


これらの苦労のおかげで、リバウンドをしない本当のダイエットを知りました。
そしてこれまでの苦労は全く、意味のないことであると気づきました。

今はもう昔の太った体型には、戻りたくても戻れません。
なぜなら、今の体型を維持している生活が、普通の生活になったからです。

いろんなものに手を出す時間的な余裕があったのが私にとって幸いでしたが、今考えればこの遠回りは、単なる私の情報不足でした。いや、ダイエット情報は腐るほどありましたので、情報を見分ける目が曇っていたと認める他ありません。結局、読みまくった本やTVで見た情報、自分での失敗体験を無駄に集めて、自分なりに納得できる形に整理してから初めて成功できました。

先述のように、世にあふれるダイエット情報は、短期で結果を出してもらい、どんどん商品を製造して売りさばきたいという大人の事情(ビジネスの事情)がありますので、自分の一生を捧げるほどの情報は滅多にありません。

 

ではここから、私がやっと掴んだダイエットの本質とも言える方法を、ご説明してまいります。

既に何度も申し上げているとおり、長期で続けることこそがダイエット成功のカギです。
よく、このようにおっしゃる方がいます。

 

  • 「簡単すぎるダイエットは手ごたえがなくて、やった気がしない」
  • 「長い間続けるなんて、つらいんじゃないの?」
  • 「成果がはっきり確認できないと、続けられないんじゃないの?」

 

これらは、誤解です。

ダイエットは、厳しくつらいもの。
だから、なるべく短期間で終えたい。
そして痩せた後の開放感を味わいたい。


この考え方が、諸悪の根源です。
これでは、一時的に痩せたとしても、必ずまた元に戻ります。
ダイエットは「厳しくつらいもの」ではないのです。

 

実は、ダイエットは、

 

「普段の生活を、ムリを感じない程度に変化させること」

 

なのです。


消費カロリーと摂取カロリー。
いわば増える分(+)と、減る分(−)です。
この単純な加減算なのです。

これを調整するための、ちょっとした工夫はたくさんあります。つらい「試練」ではありません。むしろ「クセ」と言った方がよいような小さな工夫です。本書ではこれらの工夫を多数紹介しています。

こうした小さなクセを、生活の一部としてしまうのです。
これなら体は、ムリを感じることがありませんから、
反動(いわゆるリバウンド)もありません。

世にあふれるダイエット法というのは、ほとんどが無理を伴う方法です。
別に他のダイエット法を非難したいのではありません。

試しにこのような基準で、さまざまなダイエット法を眺めてみてください。

 

基準:「その方法は、一生続けられるのか?」

 

この問いにYesと答えられるダイエット法は、
とても少ないことに気づくはずです。

あらゆるダイエットを試して、苦しかった当時を思い出していたら、ふと、5000円程度のサプリメントを2ヶ月に1度くらい購入していた時期が頭に蘇ってきました。このサプリで、ほんの少しだけ体重が落ちた気がしましたが、その後増えたり減ったりが続いて、出費に見合うほどの大きな変化はありませんでした。年間約30万円の出費でしたから、10年間も続けていたら合計300万円。高級車が買えるほどの出費になっていたかと思うと、ぞっとします。


この本は、誰でも続けられる工夫をたくさん紹介しています。その中から1つでも2つでも、取り入れるだけで良いのです。負担感を感じることはありません。むしろ、負担感を感じるようなダイエット法は間違っています。

またこの本では、ひとつの方法を押しつけたりしません。例えば特定のフルーツを毎朝食べたりするようなダイエットは、人によって週間や食生活が違うため、合うとは限りません。むしろ自分にあった方法を探すことが一番の近道だと考えています。そのためのヒントをちりばめたのが本書です。


●本書の主なコンテンツ

1.ダイエット期間を捨てよう!?
2.そもそも、痩せるとはどういうこと?〜摂取と代謝〜
3.食に関する迷信を吐き出そう
4.具体的な改善策(食)空腹を活かす法
5.具体的な改善策(食)残す是非
6.具体的な改善策(食)夜のルール
7.具体的な改善策(食)体の合図に気付く食べ方
8.具体的な改善策(食)食べた後のクセが効く
9.奥の手)パケッティング
10.運動は優先度が決めて
11.具体的な改善策(運動)生活シーン
12.具体的な改善策(運動)移動時
13.具体的な改善策(運動)運動も自然が一番
14.ストレスとの距離感
15.具体的な改善策(精神)代謝を下げる
16.具体的な改善策(精神)根本と対峙する
17.最後に〜成功は目前〜

- 商品説明 -

商品名: 「痩せたまま一生過ごす、唯一の方法」 

媒体: 冊子ファイル版

お支払方法: 代金引換

価格: ¥9,800(税込、送料込)


長々とご説明してきましたが、これで最後です。

そろそろ、気づきましょう。ダイエットを成功させるのは、高価な器具でもなく、特定の食べ物でもなく、少しの「知識」であるということに。

たった一度だけ痩せるための商品を買い漁るのではなく、「痩せたまま一生を過ごすためのバイブル」を入手しておきませんか?

自分でも、この本で紹介している小さな工夫を、もっと早く知っておけば良かったとつくづく感じます。この歯がゆい気持ちをすべて小冊子にまとめましたので、ぜひ自分なりの「一生ものの生活習慣」を身につけて頂きたいと思います。


●返品保証について

本書は、お届けから2ヶ月間の間、無条件で返品返金を受け付けます。本物情報の証であると自負しています。

2ヶ月間の理由は、本書で実際に生活改善を試してみて、実際に効果が少しづつ感じられるのが2ヶ月程度だからです。返金は、お申し出に応じて現金書留か銀行振込にて対応致します。まずは一度実際にお試し頂きたいと思います。 

 

●メールでの注文方法

下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
ダイエット冊子申込み

posted by dekibiz at 23:14| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

プチ自給自足

プチ自給自足とは、本格的な完全自給自足ができない都会暮らしの人でも、手軽に出来る「少しだけ自給してみる」というスタイルです。なぜ、何でも近所でモノが手に入る都会で「プチ自給自足」をするのか。その理由は、「資産」の本当の意味を考えると分かります。

 

資産の本当の意味とは?

資産、というと普通は預貯金や株、不動産などの換金性所有物のことを言うのではないでしょうか。私もそう思っていました。しかし、「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキ氏は、「ポケットにお金を入れてくれるもの」が資産であると定義しています。つまり、家とか車は資産だと考えられがちですが、実は彼曰く「負債」なのです。確かに維持費や税金、燃料費などの支出があるだけで、お金は入ってきません。一方で投資用の不動産を持っている、いわゆる大家さんが持つ貸し家は「資産」と言えますし、優良の株なども資産と言えます。

この考え方は、確かに納得できます。でも私はもう少し拡大解釈したいと思います。つまりポケットに入れてくれて助かるのは「お金」だけではなく、「食べ物」しかり、「着る物」しかり、「日用品」もしかりではないでしょうか。そもそもお金は、媒介に過ぎませんので、直接食べ物を生むものも資産ですし、日用品を生むものを持っていればそれも資産です。キヨサキ氏風に言い換えれば「欲しい物をポケットに入れてくれるもの」が資産ということです。

この考えで言えば、困った時に助けてくれる友人も資産ですし、ニワトリを飼っていればまさに卵を生む資産。自分がビジネスを行っていればそれも資産ですし、ベランダに置くプランターなども野菜を生み出してくれる資産です。

これからしばらくの間、世界的に通貨価値が不安視されています。日本でもインフレ懸念があります。従って、これから勉強したり知識を身につけたりするなら、いかにバランス良く資産を手に入れるか、ということが大事ではないでしょうか。お金だけを資産だと考えていると、インフレになった場合に困ります。お金で買えるものが少なくなります。

 

そこで、自分自身が生活するために必要な食料・エネルギーを得る知恵が必要になります。都会暮らしではお金とモノが溢れている反面、こうした知恵が欠乏しています。少しずつでも、それを取り戻していこう、というのが「プチ自給自足」なのです。

 

プチ自給自足

続きを読む
posted by dekibiz at 10:48| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

有名人フィギュア

世界のゴルファー・フィギュア

DSC_0209.jpg DSC_0210.jpg DSC_0211.jpg

DSC_0212.jpg DSC_0213.jpg DSC_0214.jpg

政治家 仲良し夫婦

TS3E2240.JPG TS3E2241.JPG

 

デジカメやイラストから、立体の似顔絵フィギュアを作成する「ニフィー似顔絵フィギュア」。
企画力が面白いサービスです。既成のボディでも150種類以上
完全に写真のモデルの通り作成するフルオーダーでも、価格の安さが特徴的。
婚礼専門のウェルカムドールとしてのレパートリーも。

ord_type2.gif

続きを読む
posted by dekibiz at 19:10| ユニークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。