2010年04月25日

外国人目線の日本製品展示会

Eclovea(エクラビア)社の本田さんが主催する、ドリームスタイリスト(ドリスタ)のイベントに行ってきました。山手の駅から10分程の横浜YC/ACのホールを貸し切っての、展示・実演イベントです。

地元紙の「ヨコハマ経済新聞」でも取り上げられ、注目されていました。
YC&ACで日本の逸品がそろう「ジャパニーズ・グレーツ」

 

元々外国人が多く住むこの一帯は、少し歩けば横浜の海が見下ろせる絶好のロケーションに位置します。広い屋外グランドが目立つ敷地の中に、洋館と体育館を合体させたような建物があります。この体育館の中を会場として、全10店のブースが設けられました。

 

会場の正面ステージには、「夢」と大きく描かれた書がライトアップされています。
yume.jpg

各ブースに用意されたテーブルの上には、それぞれ日本的な伝統や技術が生かされた品物の展示が、きれいにディスプレイされています。今回は飲食物の出店も多く、飲んだり食べたりできるようテーブルスペースも用意されて、気軽に話をしながら見て回れる雰囲気でした。


入り口すぐには、イスやテーブルなどのデザイン家具が展示されています。リーフデザインパークさんのインテリアです。ミラノ・ニューヨーク・ロンドンなどでも活躍されているというアーティストです。特徴的な形のベンチやテーブルに目を留める方が多かったようです。
http://www.leif-designpark.com/
10.jpg11.jpg

 

日本の伝統技法を駆使したバッグやベルトなどのデザイン小物を展示販売するのは印傳屋(いんでんや)さん。印伝とは、甲州(山梨県甲府市)に江戸時代から続く伝統工芸品だそうです。昔、戦国武将が身につけていた装具品の柄には、それぞれ意味があり、「勝つように」と菖蒲の花をあしらったり、前にしか進まない生き様を表わして「蜻蛉の模様」を形づけたりしたそうです。これらの模様一つひとつの物語を知るのも面白そうですね。
http://inden-ya.co.jp/
7.jpg8.jpg

 

日本酒の大七さんは、本イベント主催者のひとり、アダム氏のお勧めブランドです。飲み口がまろやかな大七のお酒は、外国の方にも好まれるそう。洋食やチーズにも良く合うお酒なのだそうです。
http://www.daishichi.com/
0.jpg


中央では、版画の展示と実演を見ることができました。50年は使い続けるという木製の台にセットされた紙の上で、一生使い続けられるというバレンを擦らせて、丁寧に絵を仕上げていました。展示販売されているものは、絵はがきや、うちわもあり、きれいな模様に皆目を奪われていました。また隣では、書道の実演も見ることができました。今回ステージ上に飾られた「夢」という文字を書いくれたとのことです。
9.jpg2.jpg


多くの焼きたてパンを白いテーブルに並べて、皆の食欲を誘っていたのは、ベーカリーの、ラ・セゾン・デ・パンさん。クロワッサンやバゲットの他、ジュースやパンも販売されていました。その場で作ったハンバーガーも好評だったようです。
3.jpg


冷凍されたサーモンを展示していたのは亀和商店さん。日本ではまだなじみが薄いMSCマークの認証を取得している会社です。MSCとは、海の環境を保全しながら、天然の海産物の持続的な利用を実現する、という条件を満たした証。環境意識の高いヨーロッパでは一般的だそうです。亀和商店さんはいち早く2006年にMSCを取得されたとのこと。展示されたサーモンは、網から上がったその場で冷凍させるため、非常に鮮度が高いのが特徴だそうです。
http://www.kamewa.co.jp/
4.jpg


同じくMSCを取得した食材を並べていたのは土佐鰹水産さん。漁法は一本釣りに限定しているそうです。一般釣りは、乱獲につながる恐れもなく、魚のいたみも少ないんだとか。釣ったばかりの魚を冷凍保存する技術に強みを持つほか、ホームページでは鰹を使ったレシピをたくさん紹介しています。
http://tosakatu.jp/
5.jpg


革新的な圧力鍋「ゼロ活力なべ」や「オールパン」を展示・実演されていたのはアサヒ軽金属工業さんです。ふつうの圧力鍋よりも、短時間で仕上がるものだそうで、早めに火を止めたら余熱で調理できるというエコな鍋。IHでも利用できるという使い勝手の良さが売りだそうです。
http://www.asahikei.co.jp/
12.jpg


小型のソーラー充電システムを展示していたのは太陽工房さん。まるで携帯電話のような、2つに折り畳める形で、表は全面がソーラーパネルになっています。裏側は単3電池が2個入るケースになっています。アダプターが充実しており、組み合わせ次第で、携帯電話やケータイゲーム機、ノートPCなどほとんどのモバイル機器へ電源を供給できるという優れモノです。今のところ業者など、専門的な使われ方をしているようですが、今後は個人利用も多くなりそうです
http://violetta.com/
6.jpg


日本在住の外国人の方をはじめ、多くの方が来場されていました。訪れた多くの方は、英語で書かれたサインやチラシを見て、興味深そうにそれぞれのブースを回っていました。

 

これまで海外に輸出されていた日本の産品は、家電や自動車など大メーカーの大きな製品が中心でしたが、今後は変わってくると思います。今回展示されていたような、海外には知られていない良い日本製品はまだまだあると思います。外国人目線で見た「良い日本の産品」を、もっともっと発掘していけたら良いと思っています。

 

jgfr.gif
posted by dekibiz at 11:08| 300)新規事業一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。