2010年04月13日

心理的(メンタル)に強くなる

街中、繁華街や駅前を走る時
田舎道で運転に慣れてしまったので、街中に出ると交通量の多さや人の多さに気後れしてしまって...。周りの風景、特に子供の自転車とか、お店へ行き交う人の流れを見て、気遅れしてしまいます。「あぁ、この道で自分が車を運転してるんだ」などと余計なことを考えると、だんだん緊張してきて、右足に集中できなくなります。
 

狭い駐車場に、バックで入れる時
自分が運転する車の車幅感覚がつかめず、バックに自信がないのですが、車庫が狭くてブロック塀が迫ってきているので、こすらないかいつもビクビクしてしまいます。運転する前に、「出かけなきゃ、でも車庫入れイヤだなぁ」と思ってしまいます。


MT車での教習中、坂道発進する時
普通なら問題なく発進できるのに、後の車がどんどんプレッシャーを掛けてくるような気がして・・・アクセルをふかしすぎた時に音にびっくりしてアクセルとクラッチとハンドブレーキのタイミングをあわせることができずエンストしてしまいます。その時の車体がぶるぶるする感じに恐怖心が出て来てしまってます。

 

初心者ドライバーが感じる恐怖感は、主に次の4タイプに分けられます。

 

  • Aタイプ: 出来て当たり前だと思っていたのに、出来なかった型
  • Bタイプ: 車の意外な動きに恐怖を感じる、トラウマ型
  • Cタイプ: 他人の目が気になる神経質型
  • Dタイプ: 「運転が怖い」イメージを自分で増幅する型

 

これらの4つのタイプが原因となり、またはその複合型で恐怖感を感じているのです。

このページで紹介する冊子教材 『クルマ恐怖症に負けない、最強メンタル術』 では、それぞれのタイプに合わせて、心理的に強くなる方法を、実例を交えて解説しました。
プロセス指向心理学のカウンセラー、二子渉先生のアドバイスとともに、運転の苦手意識を克服する方法を伝授致します。


慣れない車の運転や、教習所の雰囲気に舞い上がらないための「最強メンタル」を手に入れませんか?

応用の利く方なら、車の運転だけでなく、勉強やスポーツ、そして、仕事にも活用できてしまうヒントがたくさんあります。

今や、オリンピックなどの競技スポーツでは当たり前、一般の人でも、より良い成果を出したいという、向上心の強い方達から注目されているのが「メンタル術」です。運転に主眼を置いた「メンタル術」を皆さんと共有したいと思います。

an_8.jpg

 

「メンタルが強くなれば、腕前だってどんどん上達できる!」


●心の強さと、運転の上達には関係があるか?

車の運転にまだ慣れていない、多くの方が悩むのが、「緊張感」や「ドキドキ」ではないでしょうか?

・教習所で、初めて車を運転するという緊張感
・S字やクランクで脱輪!車がポールに当たっちゃった!
・坂道でエンストして後に下がった!
・一度失敗したことがトラウマになって、体が震えてしまう


多くの方は、「メンタルが問題」だとは思っていない方が多いようです。

ハンドルやペダルが上手く操作できない、と悩んでいる方は普通、自分の技術の問題だけだと思うでしょう。

でも実は、操作の問題ではない部分が結構あります。

焦っている状況では、不思議とうまくできないことが多いと思いませんか?
実は、そもそも車の運転には、心理的な要素が大きいんです。

 

●主な内容

★教習所で初めての車で、緊張してしまう場合は?

★教官に怒られて、ドキドキ萎縮してしまう方へ

★事前に教本などを読んで頭でイメージしているのに、教習車に乗り込むと、頭が真っ白になってしまう、頑張り屋さんのための対処法

★エンストとか脱輪、車がポールに当たってしまったのが、頭に残ってトラウマに!!そんな時にはこれが効く

★事故で、ぶつけてしまって、運転がヘタだ、もうダメだと思ってしまう人へ

 

●クルマ恐怖症に負けない、最強メンタル術

im11ori.jpg冊子版 6,400円(税込・送料別)

クリアファイル入り。教習直前まで、確認しながら使うことができます。

メンタルが強い人は、どの分野でも成功を収めやすいと言われています。運転に悩んでいる今、これをチャンスと捉えて、メンタルを成長させるきっかけにしませんか?

an_3.jpg
posted by dekibiz at 09:41| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。