2010年03月17日

ホンダCR-Zは、ハイブリッドMT(マニュアル)車

MT車(マニュアル車)派にとって、嬉しい情報が飛び込んできました。

近年、スポーツドライビングや、運転の楽しみといった車の性質は、
いつの間にか端に追いやられていました。
エコ一辺倒となった最近の自動車にあって、日本の3大メーカーの1つ
であるホンダが、ハイブリッドカーにMT車を採用したのです。


以下、記事の引用です。

ホンダが「CR─Z」8000台受注、計画の8倍

[東京 16日 ロイター] ホンダ<7267.T>は16日、同社が2月26日に発売したスポーツカータイプの新型ハイブリッド車「CR─Z」の受注台数が、3月14日時点で8000台に達したことを明らかにした。月販目標台数は1000台であったため発売から1カ月経たずに約8倍の受注を達成した格好だ。
 ホンダにとってCR─Zは「インサイト」、「シビックハイブリッド」に次ぐハイブリッド車第3弾。2ドア4シートで、ガソリン1リットルで走れる距離が25キロメートルとの燃費性能が特徴。マニュアルタイプとオートマチックタイプを揃えており、受注の4割がマニュアル車だという。
 インサイトの2月国内販売実績は3500台で、トヨタ自動車<7203.T>のハイブリッド車「プリウス」の2万7000台に大きく水をあけられているが、ホンダはCR─Zの投入によりマニュアル・ハイブリッド車というジャンル(訂正)を開拓したい考え。

引用は以上です。


TS3E2225.JPGさて、自動車産業というのは、日本の基幹産業です。トヨタ・日産・ホンダなど大手メーカーは、傘下に何百もの関連企業を抱え、一大企業群を形成しています。また、自動車は輸出入も非常に盛んで、取引高は小国の国家予算にも匹敵します。

これほどに日本の重要な産業である自動車ですが、私はひとつ不安を感じています。自動車雑誌では、良く「ファン・トゥ・ドライブ」という言葉が出てきますが、こうした走る喜びは、昔の自動車では当たり前でした。現代の車に比べると、壊れやすくて手が掛かり、誠に不快なものでした。しかし反面、全身を使って動かし、頭も神経も使って運転していたのが昔の車です。走る喜びは、まさに純粋なものです。

最近の日本の自動車は、走るという機能よりも、ファッション・快適さ・ラクさを追求しているようです。老若男女、誰でも出発地から目的地まで、快適に運転できるというのは確かに必要な機能でしょう。故障等のトラブルも滅多にありません。ATやCVTをはじめ、パーキングアシスト、レーンキープ機能など、電子デバイスで制御された車は、確かに安全になりました。

しかし自動車産業は、楽しさや趣味性といった要素を忘れてはならないと思うのです。
楽しさを失ってしまえば、車は白物家電のようになってしまいかねません。そこには、思い入れをする余地は殆どありません。

確かに同じ家電でも、携帯電話は思い入れを抱く人がいます。これは、ストラップをつけたり、デコレーションしたり、趣味として楽しむ余地が残されているからだと思います。思い入れを持てないものに対しては、誰も大金を使おうとは思いません。「出来るだけ安く」と思うのが自然でしょう。

最近の傾向で、快適さ・ラクさを追求するあまり、大事な「運転の喜び」を無くしてしまうのではないか、という点に私は不安を感じるのです。「車が好き」「車が趣味」という人間を無視していては自動車産業の将来は明るくありません。欧州では、大衆車を作りつつも、彼ら「車好き」にもしっかりと向き合ってきたからこそ百年以上も自動車を産業として成立させ続けているのです。

最も、車に純粋に接することができる「手動ギア」「手動クラッチ」を残すことが、日本の自動車に趣味性を残す道の一つだと思うのです。

このようなホンダの動きに拍手を送りたいと思います。

※写真はイメージです。記事とは関係ありません。

cr-z.jpg

■ 操る楽しさを提供するため、ハイブリッドカーとして世界で初めて6速MTを設定、CVT車にはパドルシフトを標準装備。 注)写真およびキャプションは、ホンダ社プレスリリースより

posted by dekibiz at 11:06| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。