2009年04月27日

清潔感を演出する設備

TS3E0845.JPGクリニックでは、清潔を保つことが大変重要です。殺菌類の除去(滅菌・消毒)は基本ですので、水周りの設備を整えることはもちろんですが、さらに一歩進んで「殺菌スタンド」としての除菌済みウェットティッシュを検討するクリニックが増えています。これはUV殺菌機能をもった「自動おしぼり機」を設置することによって、いつでも手軽に手や腕を拭くことができるというもの。この自動おしぼり機は、介護施設を中心に使われていて、食卓でのおしぼりとしての利用だけでなく、介護タオルとして、もしくは来客者の殺菌スタンドとして利用されています。

高級クリニックともなると、こうした殺菌による清潔化だけではなく、「清潔感」の演出も大切になります。この意味では、ゼロインフィニティ社のおしぼり機「HOTARU HT200T」がお勧めできます。この機械は、ボタンをワンプッシュするとおしぼりを自動で生成するもの。蒸しタオルのような80℃の温タオルと、常温の冷たいタオルとを、1台で切り替えて使えるのが特徴です。さらにUV殺菌処理を行うため、清潔なタオルを供給します。さらに、香りのオプションが提供されていて、ラベンダーの香りがするおしぼりを提供することも簡単です。

TS3E0840.JPG雰囲気の良さ、快適さ、待合室の居心地の良さは、選ばれるクリニックの大きな条件です。さりげなく快適さを提供するおしぼりサービスは、小さな喜びをゲストに継続的に与えることができるため、リピート効果を期待できます。

このように、自動おしぼり機は、清潔化を進めつつ、香りの快適効果によって一石二鳥の設備投資となります。必要なスペースはW229×H464×D523mm。
ご質問・お見積り依頼は、今すぐお問合せ下さい。

 

  • おしぼり機械の初期費用と、ペーパーロール(消耗品)のみで、常時お絞りを提供できます
  • 今なら無償レンタルで、1週間お試し頂くことが可能です
  • 当社は介護施設業界と10年以上取引実績のある、老舗おしぼり機販売店です。

自動おしぼり機の販売

TS3E0836.JPG
posted by dekibiz at 18:54| 物販ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。