2009年04月26日

フィクスドoコンディション

先日、 フィクスドoコンディション社の砂川社長にお会いしました。まだ若いのに、しっかりとした考え方をお持ちの方です。砂川社長らが実践していることは、パーソナル・メディカル・ステーション事業です。最近少しづつ増えてきている業態です。

ホームページには、このような文面があります⇒パーソナルトレーナーを目指す方や、技術の向上を希望される方の養成やセミナーを開催し、フィットネスクラブやスポーツの場面で活躍できるトレーナー育成を目指しています。 腰痛・肩こり・膝痛・股関節痛などでお悩みの方に対して、パーソナルトレーナーがストレッチをはじめ、筋力トレーニングなどで身体の歪みや筋バランスを整え、改善・予防していくコンディショニングもおこなっています。パーソナルトレーナーによるフィットネスクラブや、スポーツの場面でのパフォーマンスアップや記録の向上、トレーナー育成、また スポーツ障害などのケガからの機能改善や予防のためのパーソナルトレーニングもおこなっています。

ホームページはこちら⇒ http://www.fixed.co.jp/ 

メタボなビジネスパーソン(男女とも)が増えてきていますが、そのような方が多い会社に向けて出張スタイルで、メディカルパーソナルトレーナーを派遣して、各人のメディカルチェックを定期的に実践するのがいいのではないかと勝手に考えています。1年に1回程度の健康診断も大事かと思いますが、自分の体のメディカルチェックを毎月1回実践出来れば、健康管理に意識が向かい、仕事にもっと身が入るのではないでしょうか。

これからの会社は、若いビジネスパーソンの健康管理をもっと、月単位で実践すべきかと思います。また、ドラッグストアなどには、ちょっとした空間を作り、時間割を決めて、顧客向けにメディカルチェックをしてあげれば、他店との差別化になることは間違いありません。

砂川社長は、NPO法人日本メディカルパーソナルサポート協会の事務局もしています。

http://www.jamps.jp/   NPO法人 日本メディカルパーソナルサポート協会

 

2009 04 26-9.jpg

このようなスタイルのビジネスもあるようですが、はたしてどうなんでしょうか?長続きするのでしょうか?仕事帰りは確かに便利ですよね。でも、メディカルトレーナーが毎月1回、会社に来てくれたら、もっといいと思いますよ。

2009 04 26-14.JPG

ビジネスパーソンだけでなく、主婦の方も、メディカルトレーナーの指導を受けて、毎月1回のメディカルチェックを受けるような習慣になればいいと思います。主婦が気軽に行けるのは、やはりドラッグストアなのでしょうか?

2009 04 26-15.JPG

2009 05 18-12.JPG

2009 04 26-8.JPG
posted by dekibiz at 20:46| 300)新規事業一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。