2009年04月19日

お魚カフェの営業

お魚カフェを全国の温浴施設に広げていきたいと思います。全国各地に温浴施設があります。東京に出稼ぎに来ている地方出身のビジネスマンが多くいます。彼らの中には長男がいて、実家の両親の面倒を見ないとならない人も多くいます。お魚カフェはそのような方に営業活動をして欲しいと考えています。

つまり、実家の周辺にある温浴施設に、お魚カフェの共同経営の企画を持ち込んで頂き、温浴施設に一定の運営費用をお支払しながら、営業マンは毎月1回は定期訪問し、お魚のメンテナンスを担当することになります。お魚といっても、ガラ・ルファ、ガラルファのことですから、管理はさほど面倒なことではありません。

東京で仕事をしながら、毎月1回は、地元に帰り、地元の温浴施設のお魚カフェのメンテナンスをすることで、現場の売上を上げて、営業コミッションにつなげる。地元に3箇所くらい企画出来れば、ちょっとした副収入になります。また地元とのつながりも出来て、将来実家に戻ることがあれば、都合がいいかもしれません。

東京の優秀な人材を地元に帰す仕組みにもなり、地元の活性化になる可能性もあります。地元にはなかなか人材がいません。東京で得たノウハウやネットワークを、地元で活かすことが出来れば、40歳代からの時間の使い方とすれば有効的だと思います。

地方で仕事をしている自分の知人にも声をかけたいくらいです。学生時代は東京で一緒に遊んだ知人が、地方でそれぞれの仕事をしていることと思いますが、ユニークなお魚カフェ事業を彼らに提案してみたいとも考えています。

お魚カフェ事業が、地方の活性化だけではなく、地方の人材の活性化にもつながれば幸いです。

2009 04 25-7.jpg

2009 04 25-8.jpg

2009 04 25-6.jpg
posted by dekibiz at 11:04| 集客ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。