2010年04月27日

IQ200になる習慣

脳に関する様々な著書を持つ苫米地英人氏の、教育的な面をクローズアップした本です。子供を持つ親は、早いうちにこの本を読んでおけば、子供の進路に無駄なレールを敷くことは無くなるのではないかと思います。

本書で私が気づいたことは、下記の点です。


・日本は、大学をはじめ、受験と偏差値を基本にした教育体制が失敗している、と筆者は指摘している。論理的に議論を戦わせるディベートなどを重視している欧米などに比べて、日本はあくまでも、記憶力と単純作業を重視している。この日本方式は、算数の計算ドリルなどが象徴的で、これは脳の老化防止には役だっても、IQを上げることには全く役立たないという。

・IQを上げるには、あくまで考えることであり、具体的なものを、より上のカテゴリーで考えることだという。リンゴやバナナなどの具体物についてだけ考えるのではなく、それらに共通する特徴で括った「フルーツ」全体について考えてみる方が、一段上のIQに近づくという。つまり、計算ドリルのような具体的数字の計算よりも、A+B=Cなどの公式を自分で導き出すような、概念的なことに取り組むべきだという。

・この「上のカテゴリー」で考えるという方式は、アメリカなどで一般的な論理学、特に記号論理学が有効のように思える。論理の妥当性よりも、相手への気遣いを優先する文化である日本は、どうしても論理学に疎い傾向がある。感情を排した論理学が、万能だという訳では全くないが、IQを高めるという目的では確かに合理的なようだ。

・やりたい事をやって成果を残した人と、血のにじむような努力を重ねて成果を残した人と、どちらが良いか?という問いに対して、筆者は前者がより良いとしている。つまり楽しいと思えることに集中することで、ムリ無くその分野への取り組みが持続するということ。その姿を側から見ると、努力しているように見えるかも知れない。でも本人にとっては努力ではなく、ただ「ハマっているだけ」ということが往々にしてある。その形が理想だということ。

・コンフォートゾーンという考え方を、タイガーウッズを例にして分かりやすく解説していた。タイガーウッズは、自分自身について「世界のトップゴルファー」であることが「自分らしい」と思っている。なおかつ、世界のトップゴルファーであると感じる瞬間が、彼のコンフォートゾーン、つまり心地の良いゾーンだという。このように「どの状態が自分らしいか」「どの状態が心地よいか」という2つの条件が揃って、ともに高い、理想の状態に持っていけば、自然と成功するという。


・「シリアル思考」という概念を初めて知った。多くの凡人はシリアル思考に捕らわれているという。シリアル、すなわち順番にしか物事を処理できないということ。確かに自分を振り返っても、「1つのことにしか集中できない」という思いこみに捕らわれていて、スケジュールを組む時も1時〜2時まで○○という風に1つのみを決めていた。仕事以外でも、基本的には1つのことしか意識していなかったように思う。

・筆者いわく、脳機能学的見地からすると、人間は本来「マルチタスク」だという。車を運転しながら、ジュースを飲みながら、音楽を聴きながら歌う、など誰もが自然にこなしている。しかも、音楽を聴くなど無意識の動作だけでなく、意識を向ける対象もマルチタスクだそうだ。仕事のメールを確認しながら、電話をしながら、企画書をまとめる、などということも訓練次第で可能だという。もちろん、それぞれの質が劣る訳ではない。

・確かに考えてみれば、都会に出れば様々な刺激があり、自然にそれを処理している。店先の看板やネオン、大音量のマイクや音楽、商品やディスプレイ、行き交う人の大声での会話、人の間を縫うように進む車や自転車。歩きながら周囲を見回したり、会話したり、他人の声に反応したり、同時にたくさんの事を自然に処理しているのが分かる。自然に処理できている、というよりも、こうした都会の方がテンションが上がるというか、脳が活発になるにつれて快を覚えているようにも思える。

・脳はマルチタスク、ということを考えると、普段の生活でいかにもったいないことをしているかに気づく。本を読んでいる時は、本を読む以外何もしていないし、ご飯を食べる時も、せいぜいTVを見るくらいだ。脳は無意識でも情報を受け取ることができるということを考えると、まだまだたくさんのことを処理できるのかも知れない。

・たとえば普通、英語など語学を学ぶ時は、しっかり意識を向けて1日3時間も勉強すると、疲れてしまう。でも日本語を覚えるのに、そんな努力をした覚えは全くないし、ランダムにたくさんの情報を得ただけだと思う。同じように、きちんと時間をとるのではなく、ランダムに混沌としたやり方で英語を聞いたり話したり書いたりすれば良いのだと思う。例えば、音楽を聴いている時に、横で英語のラジオを流しておくとか、睡眠時のBGM代わりに映画を流しっぱなしにするとかが良さそうだ。さらには、英語を学ぶだけではなくて、同時に中国語とかスペイン語とか、ランダムに聞いたり読んだりしても良いのかも知れない。


・「本で得られる情報量はたかが知れている」と前置きした上で、読書を月間100冊するように進めている。これも、「マルチタスク」の考え方に沿った方法のようだ。読みたい本を読めというのではなく、新刊などの話題のベストセラーだけを100冊集めて、好きか嫌いか、興味があるかどうかに関わらず読むという。分野を特定せずに読む、というランダム感が、脳に合っているのかも知れない。

 

今は、ネットの登場によって、あらゆる情報にアクセスしやすくなっている。たとえば、アップル社が進めているPodcastingでは、いろいろな音声やビデオでの学習を、無料で得ることができる。これらを現代の利器を最大限に活用して、スキルを上げるためには、本書のような脳機能について知ることが前提として必要かも知れない。

続きを読む
posted by dekibiz at 10:32| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

ジャパニーズ・グレーツ

ヨコハマ経済新聞
2010年04月23日
http://www.hamakei.com/headline/5017/

 

山手にある外国人専用の会員制スポーツクラブ「YC&AC(ワイシーアンドエーシー)」(横浜市中区矢口台11)で4月24日、日本の優れた製品を紹介する「ジャパニーズ・グレーツ」が開催される。

 ジャパニーズ・グレーツは、在日外国人コミュニティーとの事業をプロデュースする「エクラビア」(東京都渋谷区)による展示体験型イベント。既存の商品やサービスを外国人の目線でリモデリングすることで、新たな世界市場ニーズの喚起を目指す。当日は約10社が出展し、日本在住の外国人や長年海外生活を経験した日本人が厳選し推奨する「ジャパニーズ・グレーツ(日本の優れた製品)」を紹介する。

 注目製品は、高級日本酒や青汁、伝統工芸のバッグと小物、鰹(かつお)・鮭(さけ)、現代的デザインの家具、 木版画、フレンチのパティシエ製品、携帯型太陽電池、ゼロ活力鍋など。会場では参加企業が提供した賞品が当たる「くじ引き」も予定している。

 ジャパニーズ・グレーツ事務局の本田亮さんは「今回初めての開催となる『ジャパニーズ・グレーツ』。2008年に北海道の洞爺湖サミットで乾杯酒に採用された『大七酒造』をはじめ、日本の逸品をご紹介します」と話している。

 会場はYC&ACの体育館。開催時間は12時〜17時。入場無料。

 YC&ACは1868年、イギリス人貿易商らの手によりクリケットクラブとして創立。現在も当時の異国情緒あふれる雰囲気を残しており、東京・横浜近郊に在住している外国人を中心に30数カ国の人が会員として登録。年間を通じてラグビー、サッカー、クリケット、野球、ホッケーと多種多様のスポーツが楽しめ、昨年1月には広大なメインフィールドを全天候用人工芝にリニューアルした。

続きを読む
posted by dekibiz at 10:02| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

外国人目線の日本製品展示会

Eclovea(エクラビア)社の本田さんが主催する、ドリームスタイリスト(ドリスタ)のイベントに行ってきました。山手の駅から10分程の横浜YC/ACのホールを貸し切っての、展示・実演イベントです。

地元紙の「ヨコハマ経済新聞」でも取り上げられ、注目されていました。
YC&ACで日本の逸品がそろう「ジャパニーズ・グレーツ」

 

元々外国人が多く住むこの一帯は、少し歩けば横浜の海が見下ろせる絶好のロケーションに位置します。広い屋外グランドが目立つ敷地の中に、洋館と体育館を合体させたような建物があります。この体育館の中を会場として、全10店のブースが設けられました。

 

会場の正面ステージには、「夢」と大きく描かれた書がライトアップされています。
yume.jpg

各ブースに用意されたテーブルの上には、それぞれ日本的な伝統や技術が生かされた品物の展示が、きれいにディスプレイされています。今回は飲食物の出店も多く、飲んだり食べたりできるようテーブルスペースも用意されて、気軽に話をしながら見て回れる雰囲気でした。


入り口すぐには、イスやテーブルなどのデザイン家具が展示されています。リーフデザインパークさんのインテリアです。ミラノ・ニューヨーク・ロンドンなどでも活躍されているというアーティストです。特徴的な形のベンチやテーブルに目を留める方が多かったようです。
http://www.leif-designpark.com/
10.jpg11.jpg

 

日本の伝統技法を駆使したバッグやベルトなどのデザイン小物を展示販売するのは印傳屋(いんでんや)さん。印伝とは、甲州(山梨県甲府市)に江戸時代から続く伝統工芸品だそうです。昔、戦国武将が身につけていた装具品の柄には、それぞれ意味があり、「勝つように」と菖蒲の花をあしらったり、前にしか進まない生き様を表わして「蜻蛉の模様」を形づけたりしたそうです。これらの模様一つひとつの物語を知るのも面白そうですね。
http://inden-ya.co.jp/
7.jpg8.jpg

 

日本酒の大七さんは、本イベント主催者のひとり、アダム氏のお勧めブランドです。飲み口がまろやかな大七のお酒は、外国の方にも好まれるそう。洋食やチーズにも良く合うお酒なのだそうです。
http://www.daishichi.com/
0.jpg


中央では、版画の展示と実演を見ることができました。50年は使い続けるという木製の台にセットされた紙の上で、一生使い続けられるというバレンを擦らせて、丁寧に絵を仕上げていました。展示販売されているものは、絵はがきや、うちわもあり、きれいな模様に皆目を奪われていました。また隣では、書道の実演も見ることができました。今回ステージ上に飾られた「夢」という文字を書いくれたとのことです。
9.jpg2.jpg


多くの焼きたてパンを白いテーブルに並べて、皆の食欲を誘っていたのは、ベーカリーの、ラ・セゾン・デ・パンさん。クロワッサンやバゲットの他、ジュースやパンも販売されていました。その場で作ったハンバーガーも好評だったようです。
3.jpg


冷凍されたサーモンを展示していたのは亀和商店さん。日本ではまだなじみが薄いMSCマークの認証を取得している会社です。MSCとは、海の環境を保全しながら、天然の海産物の持続的な利用を実現する、という条件を満たした証。環境意識の高いヨーロッパでは一般的だそうです。亀和商店さんはいち早く2006年にMSCを取得されたとのこと。展示されたサーモンは、網から上がったその場で冷凍させるため、非常に鮮度が高いのが特徴だそうです。
http://www.kamewa.co.jp/
4.jpg


同じくMSCを取得した食材を並べていたのは土佐鰹水産さん。漁法は一本釣りに限定しているそうです。一般釣りは、乱獲につながる恐れもなく、魚のいたみも少ないんだとか。釣ったばかりの魚を冷凍保存する技術に強みを持つほか、ホームページでは鰹を使ったレシピをたくさん紹介しています。
http://tosakatu.jp/
5.jpg


革新的な圧力鍋「ゼロ活力なべ」や「オールパン」を展示・実演されていたのはアサヒ軽金属工業さんです。ふつうの圧力鍋よりも、短時間で仕上がるものだそうで、早めに火を止めたら余熱で調理できるというエコな鍋。IHでも利用できるという使い勝手の良さが売りだそうです。
http://www.asahikei.co.jp/
12.jpg


小型のソーラー充電システムを展示していたのは太陽工房さん。まるで携帯電話のような、2つに折り畳める形で、表は全面がソーラーパネルになっています。裏側は単3電池が2個入るケースになっています。アダプターが充実しており、組み合わせ次第で、携帯電話やケータイゲーム機、ノートPCなどほとんどのモバイル機器へ電源を供給できるという優れモノです。今のところ業者など、専門的な使われ方をしているようですが、今後は個人利用も多くなりそうです
http://violetta.com/
6.jpg


日本在住の外国人の方をはじめ、多くの方が来場されていました。訪れた多くの方は、英語で書かれたサインやチラシを見て、興味深そうにそれぞれのブースを回っていました。

 

これまで海外に輸出されていた日本の産品は、家電や自動車など大メーカーの大きな製品が中心でしたが、今後は変わってくると思います。今回展示されていたような、海外には知られていない良い日本製品はまだまだあると思います。外国人目線で見た「良い日本の産品」を、もっともっと発掘していけたら良いと思っています。

 

続きを読む
posted by dekibiz at 11:08| 300)新規事業一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。