2009年12月22日

プレゼント用似顔絵フィギュア

293.jpg団塊の世代が一斉に還暦を迎えたといわれています。際立つのは、一昔前に比べるとみな元気であることです。昔のように、還暦祝いに赤いちゃんちゃんこ、という雰囲気ではありません。

家族としては、長い間の献身的な努力に、感謝の気持ちを伝えたいものです。その感謝の気持ちに加えて、
「これからもますます元気でいて!」
というエールを送りたいところです。そこで、還暦お祝いのプレゼントには、似顔絵フィギュアはいかがでしょうか。


恥ずかしがっていたお父さんも、自分の書斎に飾ってくれて、とても喜んでくれたそうです。微笑ましいですね。似顔のそっくりフィギュアを作って、形に残してあげる機会は滅多にありませんから、きっと一生の記念になります。

 

■私が製作進行します!

DSC_0116.JPG職人たちは、みんな腕が確かで、一体づつ丁寧に作っています。

すでに世界各国へお届けしているフィギュアですから安心してお任せください。毎年、数百組以上のお客様の記念行事に立ち会っている私たちが、責任を持って製作進行させていただきます。

お預かりした写真を元に、かわいらしくフィギュアを仕上げます。

 

続きを読む
posted by dekibiz at 10:31| 300)新規事業一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

マンガでわかる相対性理論

「時間は誰にでも平等にあるんだから、効率的に動くように!」
朝礼でこのように呼びかけている上司は周りにいませんか?

相対性理論によると、時間は平等ではありません。(普通に暮らすには無視できるレベルですが)人によって時間には誤差があるといいます。唯一誰にでも平等なのは、光の速さということになります。

21世紀に生きているにも関らず、コペルニクス時代の「時間は誰にでも平等〜」を信じているというのは、もったいないことです。あなたのビジネスにどれだけこの本が影響を与えるかは"相対的"ですが、脳内の知的好奇心を刺激する意味で一読してはいかがでしょうか?

私が気付いた点は下記のようなところです。s

 

・アインシュタインの前と後で、物理学と天文学が大きく変わったということ。

・時間は誰でも平等だ、と直感的に思ってしまうが、正確には平等でないこと。
(普通の生活をしている分には、無視できるレベルではあるが)

・量子力学の元になっているということ。近年の日本人のノーベル物理学賞もアインシュタインの発見が無ければ生まれなかったということ

・量子力学の、ひも理論(調弦理論)では、普通に考えられている三次元(縦×横×高さ)の空間が、実は10次元であるということ。

・中性子をウランの塊に飛ばすことによって、エネルギーと、ウラン廃棄物とに分裂する。これはあたかもネットワークビジネスのように「べき乗」でエネルギー増えてゆき、急激な増殖により臨界点を迎える。

 


物理には疎い、という理由だけで相対性理論を知ろうとしないのは、とても勿体ないことだと痛感しました。マンガですから分かりやすい本です。やはりマンガは良いですね。次は、唯心論物理学の誕生―モナド・量子力学・相対性理論の統一モデルと観測問題の解決 を読んでみようと思います。

続きを読む
posted by dekibiz at 18:42| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言いたいことを確実に伝える技術

部下に自分の考えをうまく伝えられない。
上司に自分の悩みをうまく打ち明けられない。
こういう社内でのコミュニケーションに悩んでいるビジネスマンは多いのではないでしょうか?

本書は、ネット時代に特に重要となりそうな「言いたいこと」を伝えるスキルについて書いた本です。メールやプレゼン書類などを作成する際に、いつも気には掛けていても、なかなか「伝わりやすいものかどうか」を検証できていない場合が多いのではないでしょうか?

本書で私が気付いたことは次のような点です。


・一度読めば理解できることでも、分かりやすい「一言キーワード」をつける。名前をつけるのも良い。それを見出しや本文で連発することで、読みやすさが向上する。一言キーワードが、掴みにくい文章の「取っ手」役になって、誰にでも掴めるものになる。これは政治家も多用している。例えば郵政民営化の重要性をあれこれ言うよりも「改革の本丸」と一言キーワードをつけることで分かりやすくしている。他に「○○式」「○○法」「○○主義」「○○状態」「プチ○○」などが一言キーワードのよくある使い方となる。

・整った言葉や言い回しは、心に残りにくい。これはきれいにデザインされてタイプされた文字のDMよりも、特徴ある字での手書きの方が印象に残るのと同じ。ちょっと引っかかりがある、ザラザラ感が残る表現の方が心に残りやすい。こなれて、洗練されたカタチではなく、アナログ感をうまく残すのが良い。

・ニュアンスは、身近なものに置き換えて伝える。例えば、運転マニュアルの分かりやすさ、初心者への有効性を示す場合。「今までニューヨークタイムズ紙を辞書を引きながら分かろうとしていたのに、デーブスペクター氏のダジャレ付き解説で分かってしまったような感じです」

・ただ聞いてくれる人、つまり聞き役の人がいれば、レターをチェックしてもらうべき。聞いてもらい、つっこみをもらう。これが一番効率的なブラッシュアップ方法。ただし、犬や猫に聞いてもらってもリアクションが無いので悪しからず。

・メリットを伝えたいとき、世の中の縮図である書店やコンビニを回ってみて、伝え方を考えると良い。全く違う分野でさまざまな伝え方の工夫が見られる。それを参考にして、どう呼びかけるべきかを客観的に考えて見るのも良い。

他にもWebサイトを作成する立場からも、多くの参考にすべき点が見つかる良書です。(S.N)

続きを読む
posted by dekibiz at 18:23| 320)ビジネス書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。