2009年01月12日

直井 猛志さん

1979年 奈良県出身。高校3年生迄野球尽くしの毎日を送る。高校卒業後、建築関係の仕事に就く為に設計・建築の学校に入学、卒業。学校卒業後、建築会社に就職。ただ、不景気の波に襲われ、会社が大きく傾き退職。仕事が来るのを待つ職種じゃなく、自分で仕事を、売上を取って稼ぐと決心して営業職に転職。事務機器・システムの営業を9年間行った後、2006年6月に株式会社BMSの取締役社長に就任。今までの経験を生かした、事務機器・システムの営業に加え、キッズ遊具の企画・製造・卸し・販売を加え始動。キッズ遊具に関しては、海外製ではなく国産にこだわった商品を製造・販売している。2007年にアパレル事業部を立ち上げ、オーダースーツを中心に短期間の間に数多くのスーツ等をお客様に提供するなど、今に至る。

続きを読む
posted by dekibiz at 20:56| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能勢 仁さん

書店・出版コンサルタント  慶應義塾大学文学部卒業(1958年)後、高校教師(日本史担当)を経て、家業の千葉・多田屋に戻り書店経営に専心、高度成長経済の時流に乗り1970〜80年代はチェーン展開全盛、23店舗、56億円を売上げる。 (現在は没落、日販にM&Aされる) 80年代後半平安堂のフランチャイズ戦略に参加、ジャパンブックボックス役員として商品部長、研修部長を仰せつかる。68店舗を指導、90〜100億円の実績はあった。90年代コンピュータ書のアスキー西社長の招聘を受け取締役・出版営業統轄部長として5年勤務。その後太洋社書店相談課に移る。98年コンサルタント会社(有)ノセ事務所設立、全国の書店並びに出版社顧問等で出版ビジネスをサポート、今日に至る。海外の書店紹介も展開中。48ケ国 200書店以上のレポートをした。現在「全国書店新聞」「週刊読書人」に、アジア書店紀行、世界の本屋さんを連載中。著書:「世界の書店をたずねて」(米子・今井書店発行)、「商人の機微」(中央経済社)「書店の泣き所」(明日香出版社)、「本と読者をむすぶ知恵」(出版メディアパル)等、著書23冊。
 
書店で雑貨を販売する企画 ⇒ http://servelle.main.jp/2009/02/08/post-189.html
書店の遊休空間活用企画 ⇒ http://servelle.main.jp/2009/01/05/post-85.html
書店でインターネット空間 ⇒ http://servelle.main.jp/2008/12/14/post-30.html  
続きを読む
posted by dekibiz at 20:53| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池 一等さん

1967年盛岡市生まれ。北海道函館市で中学・高校時代を過ごし、その後上京。 建築課の専門学校に通いながら、現在の広告代理店で顧客営業・テレマーケティングの職務に従事。卒業後も建築の業界には進まず、広告業界にてあらゆる業態提案、クライアントのセールスサポート、フランチャイズチェーン本部との加盟店開発の企画及び代行、店舗ビジネスでのオープン・リニューアルイベント、SP戦略などを手がけ、常に現場中心に活動中。今後は、広告・販促戦略以外に、新分野である飲食店舗環境コンテンツ事業にも進出予定。     koike.pdf

 
地域主権型道州制国民協議会 事務局  2009年1月の行事です。
  道州制に関する活動   
発起人会+講演会開催のご案内.pdf
                   趣意書+登録用紙.pdf

  1月26日講演         wa_kouen.pdf
 

地域主権型道州制国民協議会    1月26日の発起人会の映像等が見れます。
http://www.m-mart.co.jp/njpn/

koike20090221.jpg

続きを読む
posted by dekibiz at 20:42| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

齋藤 勤さん

1961年生まれ。神奈川県藤沢市出身。高校卒業後、コンサートプロモーターを経て、レンタルレコード創生期に大手レンタルFC加盟店にて、マネージャー・バイヤーなどの経験を積む。1990年株式会社かもしだに入社。TSUTAYA六会店店長として業績を倍増させた後、神奈川事業部部長としてメディアリサイクルの店舗やインターネットカフェ、コミックレンタル店等を数多く立ち上げる。2004年、株式会社かもしだ代表取締役社長に就任。大型の複合リサイクル店やインターネットカフェの開業支援などを手掛けた後、同社取締役を退任。2007年、株式会社ストーブカンパニーを設立し、ワンコインフィットネス事業をスタートさせる。現在、健康増進やダイエットに関して独自のノウハウを直営店で蓄積。同業態の開業支援を中心に、今までの経験を活かした開業支援・店舗企画・デザイン・音楽製作など、幅広く展開している。

続きを読む
posted by dekibiz at 20:27| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯田 二彦さん

ドッグカフェ事業やドッグラン事業をプランニングしている。
「ドッグガーデン」という店舗ブランドで店舗運営もしている。

続きを読む
posted by dekibiz at 20:25| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾 健二さん

1962年生まれ、三重県松阪市出身。 1985年明治学院大学法学部卒業。同年商業施設企画施工の(株)船場に入社、大型商業施設の企画・テナントリーシング業務等に従事。北海道の外食企業を経て1999年(株)サンマルク入社。回転寿司事業の立ち上げ・店舗運営・SV業務などを行う。2002年(株)タスコシステム入社、加盟店出店支援・加盟開発業務を担当。2004年飲食フランチャイズ事業を行う(株)コンプラン入社、管理本部長として飲食店事業・コーヒーワゴンサービス事業・流通事業(食肉販売)を統括。

 

続きを読む
posted by dekibiz at 20:21| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉川 延宏さん

秋葉にて、コスプレ・レンタルビジネスを企画しています。

続きを読む
posted by dekibiz at 20:09| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩佐 薫さん

パソコンスクールを経営する傍ら、地域の中小企業のビジネスコンサルティングを行なっている。
続きを読む
posted by dekibiz at 20:05| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田 亮さん

学生時代から英語を得意とし、数多くの海外赴任を経て、外資系企業などを渡り歩く。
現在は複数の企業顧問をしながら、株式会社エクラビアの代表を務める。
VCなどにも幅広い人脈を持ち、インキュベーションコンサルティングを行う。

honda.pdf

続きを読む
posted by dekibiz at 19:59| 302)ビジネスタレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後席シートベルト

明けまして、おめでとうございます。
本年度も、どうぞよろしくお願い致します。

年末年始に帰省などで車を運転する機会も
多かったのではないでしょうか?
そこで、今年あなたにお願いしたいことを最初の話題に致します。


■後席シートベルト締めていますか?

「後ろの席に座ったときまでシートベルトするなんて、面倒くさい」

とか、

「いざという時は、前のシートの背もたれに当たるから大丈夫」

なんて思っていませんか?


私の経験談をお話させてください。

6年前の1月。ちょうど今ぐらいの寒い季節でした。
その日は友人3人とスキーに行く日で、
早朝から友人の運転で高速を急いでいました。

やがて一般道に下りて、暗かった空もだんだん
明るくなってきた午前5時頃。雪の山道に差し掛かってきました。
既に高速のPAでチェーンを着けてはいましたが、
路面も凍りついていた朝でしたから、友人も慎重に運転をしていました。

そして、下りのきつい右カーブに差し掛かったとき、
ブレーキが十分でないことを、助手席にいた私は気づきました。
反射的に「あ、あぶない」と言おうとした、まさにその瞬間でした。

車の後ろ半分が急に滑り出しました。音もなく静かに、
前輪を支点にするように360度、一回転したのです。
一瞬正面を向きかけた車。慌てた友人は、必死にハンドルを逆方向に
一杯に切って立て直そうとしましたが、今度は逆方向に滑り出し、
左側のガードレールに向かって、車は一直線に進んでいきました。

助手席から見ていると、景色がめまぐるしく変わり、
ガードレールが目の前に迫った時は、危ないというより
「やっと止まれる」という気持ちでした。

後席に友人が2人乗っていたのですが、1人は寝ていました。
もうひとりは雪道に入った時点で恐怖を感じていたらしく、
ドアハンドルにがっしりとつかまっていました。
でも寝ていた友人は、ぶつかった衝撃で
起きることになってしまいました。
頭には大きな「たんこぶ」が出来ていました。

車はボンネットがへこんだものの、ラジエータは無事で、
なんとか自走出来る状態でしたので、スキーの予定は
そのまま変更しませんでした。

ぶつかった瞬間は、スピードが緩まっていましたので
10kmもなかったと思います。
それでもひとりの友人は軽度でありますが、ケガをしてしまいました。

これが、もしスピードをもっと出していたら。
もし、後席にいるのが自分の大事な子供だったら。
こう思うと、ぞっとします。

JAFが行った人形による実験では、後席でシートベルトを
していない場合、前席シートの背もたれを飛び越えて、
フロントガラスに頭を強打してしまうことで、
大怪我になるケースが多いようです。命にも関わります。

私は雪道での事故以来、どんな車に乗るときも、
どの席に居るときでも、必ずシートベルトをするようにしています。
車という乗り物にシートベルトをしないで乗るという行為は、
ジェットコースターに安全バー無しで乗ることに似ています。
車の衝突エネルギーというのは、私達が想像するよりも大きいのです。


『車に乗るときは、後席でも必ずシートベルトを締めましょう』

これはShift-UP Clubから、大切なあなたへのお願いです。



自動車業界は大変な時期ですが、今年も車の安全な運転に役立ち、
楽しくカーライフを遅れるような活動を行ってまいります。

どうか今年もご支援のほど、よろしくお願い致します。


-  -  -  -  -  -  -  -  < PR >-  -  -  -  -  -  -  - 
本格的な冬の前に
車のメンテナンス・日常点検をしておきましょう

■初めてでも簡単!日常メンテナンス講座
http://servelle.main.jp/cars/mainte/
ボンネットを開けてもさっぱり分からないあなたでもトラブルフリー。
愛車のコンディションを良好に保つマニュアル。
-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -


車を運転される際は、くれぐれも安全運転でお願いします。
-------------------------------------------
有限会社セルヴェル Shift-UP CLUB係
郵便:331-0812
住所:埼玉県さいたま市北区宮原町1-1-7-2-309
TEL:048-652-1910(9:00〜17:00)
Email:sissyneck@aa.bb-east.ne.jp

★Shift-UP Clubの公式サイトが出来ました
http://www.shift-up-club.com
-------------------------------------------

■MT車最短攻略マニュアル
http://enjoy1.bb-east.ne.jp/~sissyneck/
「MT車を、ミスなくマスターしたい」「早く上手くなりたい」
 このように思う方のための解説マニュアルです


■車庫入れ重点マスター
http://servelle.main.jp/cars/
ペーパードライバーにならないために、車庫入をマスター。
車庫入れだけに絞って丁寧に解説。スーパーも立体駐車場も。


■MT車燃費向上ドライビング(シートのみ)
http://servelle.main.jp/cars/pg66.html
ガソリン代高騰の時代に知っておきたい、
MTならではの燃費コントロール術。


■MT車ヒールアンドトゥ攻略シート
http://servelle.main.jp/cars/pg66.html
MT車がより一層楽しくなる、ひとつ上のステップ。
失敗しない手順と、コツ。

このメールマガジンの配信を停止する場合は以下のURLにアクセスしてください
http://dekibiz.ocnk.net/mailmagazine-stop/ce28f0cf85a55441a8d0587260c1f4f3fd47f3255b8feeae

posted by dekibiz at 17:23| 330)メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。